山森鉄直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

山森 鉄直(やまもり てつなお、テッド・ヤマモリ、Ted Yamamori, 1937年 - )は国際飢餓対策機構(Food for the Hungry International、FHI)の元国際総裁。現代社会の貧困と飢餓の現実の必要に応える奉仕に関する論文「共生的任務」で実践的な宣教学者宗教社会学者として世界的に知られる。

経歴[編集]

名古屋に生まれ、1956年に南山大学を卒業するまで日本で教育を受ける。1957年、氷川丸に乗ってアメリカ合衆国に移住する、最初にシアトルから上陸する。1965年、テキサスクリスチャン大学を卒業、社会学修士課程修了、修士号を取得する。1966年-68年、デューク大学 社会学専攻博士課程に在籍して博士号を取得する。1970年、デューク大学より博士号授与を取得する。1969年-81年にミシガン大学の準教授に就任する。同時に、1969年-81年にノースウェストクリスチャン大学教授、および1969年-81年にバイオラ大学教授を努める。1981年に大学の教授を辞して、国際飢餓対策機構に携わる。1984年に国際対策機構の国際総裁に就任する。2004年にローザンヌ委員会の国際総主事4年間の期間限定で就任する。現在は引退して、米国アリゾナ州に在住。

著書[編集]

  • 『日本の教会成長』いのちのことば社、1985年
  • 『愛の使節』いのちのことば社、1991年

外部リンク[編集]