山本貴志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

山本 貴志(やまもと たかし、1983年4月12日 - )は、長野市出身のピアニスト2005年の第15回ショパン国際ピアノコンクールで4位に入賞した。

信州大学教育学部附属長野中学校桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)桐朋学園大学ソリスト・ディプロマ・コースを経て、2003年よりポーランドワルシャワの国立ショパン音楽アカデミーでパレチニ教授に師事。2008年、アカデミーを首席で卒業。2005年のショパン国際ピアノコンクールで4位入賞を果たしたことにより一躍注目を浴びる。2009年現在は東京に拠点を移し活動中。

経歴[編集]

エピソード[編集]

第15回ショパン国際コンクールはインターネットにより初めて生中継されたことでも注目を集めた。山本の本選での協奏曲の演奏においては、最後の音が終わらない内に会場の聴衆から拍手が巻き起こり、演奏終了後スタンディングオベーションが長く続いたが、聴衆からこのような熱狂的な賞賛を受けたのはポーランド出身の優勝者ブレハッチと山本だけだった。尚、このコンクールの1次予選から本選までの模様を抜粋したポーランド国内向けCDがNAXOSより15枚発売されたが、個人で1枚のCDとなったのは全参加者中ラファウ・ブレハッチ(vol.6)・辻井伸行(vol.7)・山本貴志(vol.8)のみであり、当地での人気を裏付けた。

所属事務所 [編集]

関連サイト [編集]

外部リンク [編集]