山本由紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

山本 由紀(やまもと ゆき、1974年4月27日 - )は、日本空手家。段位は二段。愛知県豊明市在住。愛知県北設楽郡出身。愛知県立豊橋東高等学校卒業。柔道整復師。身長164cm、体重55kg。既婚、二児の母。

盧山初雄館長率いる財団法人極真奨学会 極真空手道連盟極真館愛知県支部豊明道場 [1]] に所属する。

京都女子大学、京都女子大学大学院修士課程修了。極真館の全日本女子で2011年に四連覇を達成している。現在は名古屋医健スポーツ専門学校の鍼灸科に通っている。ブログ等では「みけマンマ」の愛称で親しまれている。

人物[編集]

愛知県北設楽郡東栄町に生まれる。27歳の結婚時に夫から護身のために極真空手を勧められ入門する。豊明市に引っ越し後、33歳で極真館全日本女子で初優勝、以後4連覇を果たしている。35歳で世界大会日本代表に選ばれ、以後2大会連続世界大会日本代表になり軽量級でベスト8。国際大会ではインドネシア韓国のアジア大会を軽量級で優勝、全北米大会では無差別級で優勝をしている。女子選手の胸ガードの着用の奨励や武道的側面から女性の地位や在り方についてブログなどで発信しており、競技選手の枠を超え女性武道家として独自の世界観を展開している。『月刊秘伝』10月号(株式会社BABジャパン)に「人間礼賛の世界」の題で、2014年1月号では特集記事が組まれ「”女性”という弱さへの葛藤と克服」の題で寄稿している。

獲得タイトル[編集]

  • 2008年 極真館第2回全日本女子中量級 優勝
  • 2009年 極真館第3回全日本女子55キロ超重量級 優勝
  • 2009年 全極真世界ウエイト制空手道選手権大会(開催地:ハンガリー、主催:極真館)中量級、日本代表、ベスト16
  • 2010年 全極真アジア大会女子無差別級3位(開催地:マレーシア、主催:極真館)
  • 2010年 極真館第4回全日本女子55キロ超重量級 優勝
  • 2010年 極真連合会 大阪城杯 夏の陣 一般女子 優勝
  • 2011年 極真館第5回全日本女子55キロ超重量級 優勝
  • 2011年 全極真オープントーナメント インドネシア国際大会女子軽量級 優勝(開催地:インドネシア、主催:極真館)
  • 2012年 極真館第6回全日本女子55キロ超重量級 準優勝
  • 2012年 全アジア空手道選手権大会女子55キロ以下軽量級 優勝(開催地:大韓民国、主催:極真館)
  • 2013年 極真館第7回全日本女子55キロ以下軽量級 優勝
  • 2013年 KWU(世界極真連合)世界大会ウエイト制空手道選手権大会(開催地:ブルガリア)軽量級日本代表 ベスト8
  • 2013年 第5回極真館全米オープン選手権大会 (開催地:アメリカ)女子フルコンタクト無差別級 優勝

脚釈[編集]

外部リンク[編集]