山本旭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
山本 旭
やまもと あきら
Akira Yamamoto.jpg
山本旭
生誕 1913年6月13日
日本の旗 大日本帝国 静岡県庵原郡興津町
死没 1944年11月24日(満31歳没)
日本の旗 大日本帝国 千葉県印旛郡八街町
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1933- 1944
最終階級

海軍中尉

テンプレートを表示

山本 旭(やまもと あきら, 1913年6月13日 - 1944年11月24日)は大日本帝国海軍の軍人、最終階級は中尉(没後進級)。

「射撃の名手」[1]として名を馳せた日中戦争以来の戦闘機パイロットであり、日中戦争での3機を含む15機撃墜[2]を記録しているエース・パイロットの一人。「雷電」や「紫電」のテスト・パイロットも務めたが、B-29による最初の東京空襲の迎撃戦で戦死した。

生涯[編集]

山本旭は1913年(大正2年)6月13日、静岡県庵原郡興津町に生まれる[1]清水市立清水商業学校卒業後に海軍を志願し[1]1933年昭和8年)6月に横須賀海兵団に入団する。やがて航空を志し、翌1934年(昭和9年)2月には霞ヶ浦海軍航空隊に第24期操縦練習生として入隊、7月に卒業する。

館山海軍航空隊大湊海軍航空隊を経て航空母艦鳳翔」乗り組みとなる。1937年(昭和12年)7月に勃発した日中戦争に出陣し、8月19日に上海ノースロップ爆撃機1機を撃墜、9月21日と27日にはカーチス・ホークIII英語版を1機ずつ撃墜した[2]。12月に日本に帰還するが、その際に第一航空戦隊司令長官草鹿任一少将より褒状を授与された[2]。霞ヶ浦勤務後第一二航空隊に配属されて再び大陸戦線に出動し、1940年7月に帰還後は大分海軍航空隊付、次いで1941年(昭和16年)10月には空母「加賀」戦闘機隊に配属された[2]

1941年12月8日の真珠湾攻撃の際には第一次攻撃隊の制空隊として志賀淑雄大尉らとともに出動するが、民間の練習機1機を撃墜している[3][4]。以降、「加賀」とともに転戦するが、1942年(昭和17年)6月5日のミッドウェー海戦で「加賀」は沈没。山本は「飛龍」に着艦して戦闘を継続し、アメリカ空母「ヨークタウン」所属の戦闘機4機を撃墜した。7月からは空母「瑞鳳」戦闘機隊に配属され、南太平洋海戦をはじめとするソロモン諸島の戦いで戦った。日本に帰還後、横須賀海軍航空隊勤務となるが、1944年(昭和19年)6月にア号作戦が発動されると硫黄島に進出して戦闘の機会を待つが、アメリカ艦隊の艦砲射撃により左胸部を負傷して日本本土に後送される[2]。療養生活ののち、「雷電」や「紫電」の量産機のテスト・パイロットを務め、小園安名大佐率いる第三〇二海軍航空隊への配属も内定していた[2]

1944年11月24日、東京はサイパン島から発進したB-29による初めての爆撃を受ける。山本はこれを迎撃するため出動し、八街町上空で迎撃したが操縦席後部に被弾し、パラシュート降下を試みたが開傘せず墜死した[2]。山本の第三〇二海軍航空隊への配属は、この11月24日に本決まりになっていた[2][注釈 1]。戦死後、山本は中尉に特進し、従七位に叙せられた[5]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 11月24日の出撃が第三〇二海軍航空隊隊員としてのものかどうかは不詳。

出典[編集]

  1. ^ a b c #押尾、野原 p.31
  2. ^ a b c d e f g h #押尾、野原 p.32
  3. ^ 部品” (日本語). 帝国陸海軍と銃後. t-naka. 2013年4月3日閲覧。
  4. ^ トラ!トラ!トラ!~黄色い複葉機” (日本語). ネイビーブルーに恋をして. エリス中尉. 2013年4月3日閲覧。
  5. ^ #叙位の件 p.9

参考文献[編集]

  • アジア歴史資料センター(公式)(国立公文書館)
    • Ref.A12090566400 『陸軍中尉浅井勲外五名叙位の件』。
  • 押尾一彦・野原茂 『日本陸海軍航空英雄列伝 大空の戦功者139人の足跡』 光人社、2001年、31-32頁。ISBN 4-7698-0992-1
  • Hata, Ikuhiko; Yasuho Izawa, Don Cyril Gorham (translator) (1975 (original) 1989 (translation). Japanese Naval Aces and Fighter Units in World War II. Annapolis, Maryland: Naval Institute Press. ISBN 0-87021-315-6. 

関連項目[編集]