山崎蒸溜所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サントリー山崎蒸溜所全景
「響」マークを掲出していた頃のサントリー山崎蒸溜所:この奥に椎尾神社と水上隣保館があり、道路は公道となっている
蒸溜釜
山崎蒸溜所の貯蔵庫
鳥井信治郎・佐治敬三像
山崎25年
山崎のボトル

山崎蒸溜所(やまざきじょうりゅうしょ、SUNTORY YAMAZAKI DISTILLERY)は、大阪府三島郡島本町山崎五丁目2番1号にあるサントリー酒類ウイスキー蒸留所である。同蒸溜所では、同社のシングルモルトウイスキーの主力銘柄である「山崎」を生産している。また、同蒸溜所及びインターネットショップ限定販売の山崎の樽出原酒を生産する。

概要[編集]

サントリーでは、山崎を「水生野」(みなせの)と呼ばれた名水の地だとしている(近くの水無瀬神宮には名水百選にも選ばれた離宮の水が湧き出ているように古くから名水の地として有名である)。また、山崎はかつて千利休が茶室を設けた場所であり、水質の良さと3つの川(宇治川、木津川、桂川)が合流するために霧が立ち込めている立地がウイスキーづくりに適しているとされる。この山崎の地に、1923年、寿屋(現・サントリーホールディングス)によって日本初のモルトウイスキー蒸留所として開設された。寿屋創業者・当時の社長である鳥井信治郎は、本格的なウイスキー製造を目指し、蒸溜所開設を企画し、1923年スコッチ・ウイスキーの本場スコットランドでウイスキー製造を学んだ竹鶴政孝を招聘、山崎蒸溜所長に任じたのである。この際、竹鶴は日本におけるウィスキーづくりの好適地は北海道であることを訴えるが、鳥井は輸送コストがかかることに加え、工場見学を消費者にしてもらうことを考えていたため、工場の位置だけは京阪神付近の交通の便が良い所で良い水のある場所にするように命じ、それ以外のことは竹鶴に任せたとされる。竹鶴時代の1929年に、山崎蒸溜所は日本初のウイスキー(ジャパニーズウイスキー)「白札」を製造・出荷した。竹鶴は10年の契約期間が終了した際、鳥井との基本的な方向性の違い(竹鶴は経営的には不利でも北海道に蒸溜所を作りたかったことなど)もあり契約を更新せず寿屋を退社し、北海道余市郡余市町に大日本果汁(のちのニッカウヰスキー)を興している。

またサントリーがオーナーを務めているボウモアディスティラリーを通じてイギリス国内でも販売されている。

設備[編集]

山崎蒸溜所では、タイプの異なる複数の設備を使い分けることで、様々な特徴を持ったモルト原酒を作り分けている。

発酵槽[編集]

ステンレス槽のほか、木桶槽を使用している。木桶槽は温度管理が難しいが、その反面保湿性にすぐれ、さらに蒸溜所内に棲みつく乳酸菌などが働いてウイスキーに豊かな味わいを加えている。

蒸溜釜[編集]

ポットスチルと呼ばれる単式蒸溜釜を用いており、初溜釜、再溜釜各6基を備えている。ポットスチルの形状は主にストレートヘッド型とバルジ型を採用しており、加熱方法も炎を直接当てる直火蒸留と蒸気を使った間接加熱の2種類を用いている。

熟成庫[編集]

熟成庫は主にダンネージ式で、樽を三段から四段積みあげている。 熟成に用いるカスク(樽)には、ホワイトオーク製のパンチョンを多く用いている。それ以外にもバーレル、ホッグスヘッドといった大きさや来歴の異なるホワイトオーク製の樽や、ヨーロピアンオーク製でシェリーの貯蔵に使われたシェリーバット、さらにミズナラ(日本産オーク)を用いた和樽の計五種類を用いている。

シングルモルトウイスキー山崎[編集]

シングルモルトウイスキー「山崎」。発売開始は1984年。蒸溜所限定販売のものやプライベートブランド扱いの製品など、公式ラインナップ外の製品も一部存在する。

見学[編集]

  • 山崎蒸留所は、工場内見学ツアーを随時実施しており、仕込、発酵、蒸溜、貯蔵の一連の工程をガイド付きで見学することが可能。見学後は未成年およびドライバー以外はウイスキー(山崎12年の水割り・山崎10年及び白州10年のハイボール)の試飲(無料・おつまみ付き)もできる。また土・日・祝には、シングルモルトウイスキーの知識や魅力などについて解説するテーマ別の有料セミナーが開催される。電話やインターネットを通じての事前予約も可能。
  • 山崎蒸留所敷地内には、鳥井と佐治敬三の銅像が建っている。「山崎ウイスキー館」にはウイスキー7000本やポットスチル・発酵槽などが展示されており、サントリーが製造あるいは輸入しているウイスキーを試飲(有料)できる。館内で営業しているファクトリーショップでは、ウイスキーやグラス、使用済み樽を再利用したグッズ等を購入できる。

交通[編集]

なお最寄り駅としては山崎駅に譲るものの、島本駅の入線メロディは、サントリーオールドのCMに使われているメロディ(夜が来る)である。 これは、山崎蒸留所が島本町にあることから、島本駅が開設された際に地元の強い要望で実現されたもの(山崎駅の入線メロディは、他の一般駅と同じ)である。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]