山崎光太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
山崎 光太郎 Football pictogram.svg
名前
愛称 コウタロウ、コーちゃん
カタカナ ヤマザキ コウタロウ
ラテン文字 YAMAZAKI Kotaro
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1978年10月19日(35歳)
出身地 静岡県静岡市清水区
身長 165cm[1]
体重 58kg[1]
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

山崎 光太郎(やまざき こうたろう、1978年10月19日 - )は静岡県出身の元プロサッカー選手。ポジションはFW

FWだけでなくMFもこなすユーティリティプレイヤー。ゴール前に突っ込んでくのが持ち味。こぼれ球への反応も早く、中盤に下がってのパス出しも巧みであった。[要出典]

来歴[編集]

静岡県立清水東高等学校在学時の1994年にU-17日本代表の一員としてAFC U-17選手権優勝に貢献。一学年上とはいえ、当時はチームメートの小野伸二高原直泰稲本潤一以上の評価を得ていた。翌1995年にはU-17世界選手権にも出場している。清水東高校では一学年下の高原直泰とコンビを組んだ。

1997年名古屋グランパスエイトへ入団するが出場機会に恵まれず、中京大学へ進学するため退団した。卒業後は清水エスパルスへ入団。2003年にはヴァンフォーレ甲府へ移籍し、2005年のJ1昇格に貢献した。また2006年J1ではナビスコ杯やJ1リーグのジュビロ磐田戦で得点を取り、強さを発揮していた。2007年を最後に現役引退し、2008年に古巣清水エスパルスの強化部スカウトに就任した[1]。 2007年現役最終年も大木監督に重用されて、出場したが、無得点に終わる。彼のパフォーマンスに関してサポータ等や専門記者からの不満や物議が複数発生した。シーズン終盤に、得点出来ない件について、記者から質問を受けたときの受け答えも「出来ない理由?解れば苦労しませんよ(苦笑)」等の発言がJ's GOAL配信の記事で報道された。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1997 名古屋 26 J 0 0 0 0 0 0 0 0
1998 0 0 0 0 0 0 0 0
2001 清水 J1 9 0 1 0 1 0 11 0
2002 18 0 0 2 0 0 0 2 0
2003 甲府 23 J2 13 2 - 2 1 15 3
2004 18 5 - 1 0 19 5
2005 10 1 - 0 0 10 1
2006 J1 18 2 4 3 1 0 23 5
2007 14 0 2 0 0 0 16 0
通算 日本 J1 41 2 9 3 2 0 36 5
日本 J2 41 8 - 3 1 44 9
総通算 82 10 9 3 5 1 80 14

代表歴[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]