山崎バニラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「山﨑バニラ」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
やまざき バニラ
山﨑 バニラ
本名 山崎 雅美
やまざき まさみ
生年月日 1978年1月15日(36歳)
出生地 日本の旗 日本宮城県
国籍 日本人
血液型 B型
職業 女優声優活動弁士
活動期間 2000年 -
主な作品
ジャイ子(『ドラえもん』)
シェイミ(『劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ギラティナと氷空の花束 シェイミ』)
メソウサ(『ぱにぽにだっしゅ!』)

山﨑 バニラ(やまざき バニラ、1978年1月15日 - )は、日本活動弁士サイレント映画の弁士)・声優女優振り付け師マルチタレント。本名・旧芸名は、山崎 雅美(やまざき まさみ)。宮城県白石市生まれ、東京都大田区[1]育ち。声質が特徴的。

人物紹介[編集]

父は慶應義塾大学理工学部教授の山崎信寿、母はピアノ教師という家の生まれ。東京都立小山台高等学校清泉女子大学文学部スペイン語スペイン文学科卒業。4歳からピアノとモダンバレエ、絵画を習い始める。

大学在学中は早稲田大学ミュージカル研究会に参加。その頃、自主映画に多数参加。大学卒業後はダンサー舞台俳優、声優として活動を始める。2000年、『東京キネマ倶楽部』開店時の活動弁士のオーディションに合格して活動弁士となる。現在では大正琴やピアノで弾き語りをする新たな形態の活動弁士として活動、短編作品を中心に約20作品のレパートリーを持つ。また、活動弁士としてのみならず、踊りの振り付け、声優やテレビ番組・CFのナレーターなど、あらゆる方面で活躍している。

活弁をする際やテレビ出演時には、和服に金髪(照明効果等の関係で銀色に見えることもあるが、自然光のもとでは金色)のショートボブウィッグという姿で登場、大正琴の弾き語りやいわゆるアニメ声(下記参照)も相まって、見た者に強い印象を与えている。但し、『とくダネ!』出演時は、地毛で出演していた。また、2005年からは『ドラえもん』にジャイ子役で出演、各種メディアで注目を集めるようになった。

2010年11月にこれまで所属していたスパーク・スタッフとは専属契約が終了したとして、個人事務所バニラクエストを設立してフリーとして活動を開始。専属契約の存続を主張するスパーク・スタッフとは契約更新をめぐって係争になった。2012年3月14日に専属契約は終了したとする山崎の全面勝訴判決が出された[2]

エピソード[編集]

活動弁士として[編集]

  • 活弁士のオーディションを受けた理由は「話芸」という響きに惹かれたから。「自らの個性的な声を活かしたい」という思いもあった。それまでは芸能界を志し、様々なオーディションを受け続けていたという。
  • 衣装の和服は当初、主に祖母の物を拝借していたとのこと。大正琴も祖母が通信販売で購入し使わずに放置していたものを主に使う。メディアに登場する機会が増えてからは、着物の数は増えており、大正琴に関してもセミカスタムメイドの物を使う場合がある。
  • 大正琴の弾き語りを始めたのは、活弁の台本書きに疲れ台詞の量を減らそうとした事がきっかけ。独学で覚えたため自己流。特に楽譜については、元々ピアノが弾けたため五線譜をそのまま使っており、NHK教育趣味悠々大正琴で弾く!」』では大正琴独特の数字譜に馴れるのに苦心した。また、本人がBLOGに記載していたが、この番組で初めて身につけた奏法(ミュート)もあるという。
  • この大正琴による弾き語り形式の活弁が注目されるにつれ、一般的な活動弁士が営業に行った際に、近年活弁を知った若者から「大正琴は弾かないの?」と質問をされるようになったという(弁士が自ら音楽伴奏も行うのは彼女独自のスタイルである)。
  • 金髪のかつらを着けるようになったのは、テレビで『マトリックス』の紹介をする際に、SFの世界を表現しようとした工夫から。また、自身が似ていると言われたジュリエッタ・マシーナをイメージしているとも。
  • TV出演の際は、基本の無声映画活弁を発展させたような「外見・声質ともに独自のスタイルを持つ大正琴弾き語りナレーター」といった登場が多い(ただし、2007年10月から隔週でコメンテーターになった「とくダネ!」においては金髪かつらを付けずに出演しており、それ以後はこの番組以外の場でも地毛で登場する場合がある)。

声優として[編集]

  • ドラえもん』の声優オーディションでは元々は源静香役志望で、最終選考まで残ったが落選した。しかしその後テレビのインタビューで「私にはジャイ子かドラミちゃんの方が合っているんじゃないでしょうか」とコメントしたところ、ジャイ子役に抜擢された。
  • アニメ『ぱにぽにだっしゅ!』第24話では自身が演じたメソウサが、自身に似せた姿格好(おかっぱカツラに和服)で活弁を行っている。同作最終回アフレコ後のインタビューで、「自分がスタッフだったらどういうネタを仕込んでいた?」という質問に対して、「メソウサに大正琴をもたせたかな」との発言をしたところ、後に発売されたDVDで実現した。
  • アニメ『ふしぎ星の☆ふたご姫』のティオ役を演じていたが事情により交代した。

その他[編集]

  • 英検2級、スペイン語検定4級、TOKYO FMディスクジョッキーライセンス1級所持。
    大学卒業後から現在に至るまで、時間の許す限りラジオのスペイン語講座を聞き続けているという。スペインには過去2回短期留学した(これはミュージカル研究会に没頭するあまり、大学での授業の単位を落としそうになったための策と語っていた)。スペイン語を選択したのは、スタートの時点で差がないため(ほとんどの人は大学から始めるので)選んだと本人はコメントしている。
  • 中学生の頃は吹奏楽部にてクラリネット、高校時代は器械体操を経験。
  • 特徴のある声は地声であり、自らは「ヘリウムボイス」と称している。以前はヘリウムガスを吸うとさらに声が高くなると本人は語っていたが、BS11の『大人の自由時間』でヘリウムガスを吸ったところ、ほとんど変化はなかった。NHK BShiの『わたしが子どもだったころ』にて鈴木松美日本音響研究所所長に声の分析を依頼したところ、「これほど声帯の振動が上がったり下がったりする(声の高さの変動が激しく、声域が広いことを意味する)人はマライア・キャリーぐらい」と意見を伝えられた。「歳相応」と見なされる声を意図的に作って話すと地声と誤解されるため、いつも「これは芝居」と説明している。ほとんど声変わりが目立たないためか、学生時代は「変な声の人」として存在が知られていたようで、高校時代には用務員に「声変わりしないのか」と心配されたほど。就職活動でフジテレビのアナウンサー試験を受けた時には、面接官に「今は声優も需要があるから」と声優になることを勧められた。アニメ『月詠 -MOON PHASE-』で演じたハイジはほとんど地声での演技だった。
  • 上記の特徴的な声から、金田朋子としばしば比較される。共演している声優からも、「(彼女と)顔も似てるけど性格が全然違う」と言われており、仕事では一度も会ったことがないため共演を希望しているが[3]、いまだにその機会に恵まれていない。
  • ラジかる!!』に出演していた際、パネルに描かれていたタレントの似顔絵は本人の手によるもの。本人曰く、それぞれの番組で一番見栄えがすると感じたシーンのビデオ映像を一時停止し、それを見ながら描いていたらしい。
  • 大学時代にミュージカル研究会に入って以降、舞台の世界にのめり込むようになる。卒業の際に「あと2年やらせて下さい、反対されてまではやりませんから」と父を涙ながらに説得したほど。しかし母には「あの時の涙は演技じゃないのか」と言われ続けている。
  • 先のミュージカル研究会に在籍していた時、「ダンス部長」となり、振付全般の考案・指導を担当していた。また、ピアノを生かした作曲も積極的に行っていた。大学卒業間近に、とあるイベントにてミュージカル研究会の先輩でもある振付師の香瑠鼓と出会い、2年ほど彼女の指導の下ダンサーを請け負ったり、振付指導に出向いたりとダンス関係の仕事をこなしていた。
  • 現在の芸名になった理由は、CD『牛ちゃんマンボ』を出した際、「牛といえばミルク、ミルクといえばバニラ」という事務所スタッフの連想から。最初は嫌だと言ったのだが、事務所の社長に「字画が良いから」と説得され、しぶしぶ使用することとなった。しかし後に「実際は大して良くない」と白状され、困惑しているもよう。
  • 趣味は映画鑑賞(劇場・ディスクなど場を問わず、月10作品以上は鑑賞している)、読書、将棋(日本将棋連盟 初段)など。
  • 柿が好物で、しかも「果物の中だけでなく、食べ物の中で一番好きだ」という。また紅茶も好む[4]。アルコールは苦手。
  • 2008年から、苗字表記に異体字を採用し「山」(「崎」は山偏に竒)とする変更が見られる(ただし本名に関しては公式サイトでも異体字に切り替えておらず、表記のバラツキが見られる)。
  • パソコンを趣味とし、自ら自作するほど。現在は週刊アスキーでも連載を持つ。

出演作品[編集]

テレビ[編集]

過去の出演[編集]

先述のようにイラストを自ら描き、大正琴を弾きながら太鼓を叩いて活弁したり、全身運動が必要な場合にはモンペ姿を披露したりという多才ぶりをしばしば披露していた。

テレビアニメ[編集]

2001年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2012年

2014年

OVA[編集]

2008年

劇場アニメ[編集]

2003年

2004年

2007年

2008年

吹き替え[編集]

ラジオ[編集]

  • mixTBSラジオ、2004年10月 - 2005年3月) - 小説紹介コーナー担当

テレビコマーシャル[編集]

ラジオコマーシャル[編集]

舞台[編集]

  • 21世紀グリムシリーズ
  • ハローグッバイ

CD[編集]

  • 牛ちゃんマンボ http://www.kingrecords.co.jp/gyuchan/キングレコード
    2002年BSE騒動の影響で人気が急落した牛肉を食べてもらおうと、食肉業界によって企画され、「およげ!たいやきくん」を手がけた佐瀬寿一の作曲、高田ひろおの作詞によるキャンペーンソング。その後廃盤になったものの、近年になってネット上で話題となり、2006年10月から着うたやiTunes Music Storeなどで配信されるようになった。
    カップリング曲は「カブト虫のカブ太郎」。こちらはサンバ風のアレンジが施されているほか、ラジオ体操のようなフレーズをはじめ多様な楽曲の要素を取り入れており、童謡の雰囲気を漂わせるメロディラインになっている。
    発売当初、プロモーションのために自ら振り付けを考案した。アレンジに応じたフラメンコサルサのスタイルも取り入れている。
  • Jingle All the Way!(バップ
    ジングルベル」作曲150年を記念して制作された、「ジングルベル」を様々な歌手が歌ったコンピレーションアルバム。「山崎バニラの『ジングルベル』」で参加。複数の大正琴を一人で演奏し多重録音した。
  • わらしのうた(よしもとアール・アンド・シー
    NHK「みんなのうた」2010年10・11月の歌。座敷童子の不思議な世界を歌にした。番組でのアニメーションはひこねのりおが手がけた。

単行本[編集]

  •  『活弁士、山崎バニラ』 エイ出版社(2009年10月24日) ISBN 978-4777914753

その他[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ わたしが子どもだったころ2008年4月9日放送分より
  2. ^ 山崎バニラ、所属会社との契約問題で勝訴 サンケイスポーツ 2012年3月15日
  3. ^ 公式ブログ2007年11月21日より
  4. ^ テレビ東京『お茶の間の真実〜もしかして私だけ!?〜』に出演した際、「とにかく小食で、朝ティーカップに入れた紅茶を夜まで飲む」とコメントした。
  5. ^ 2012年は山田ふしぎが代役。2013年2月より復帰。
  6. ^ 作品概要”. TVアニメ【神様はじめました】スペシャルサイト. 2012年9月5日閲覧。

外部リンク[編集]