山岡聡子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

山岡 聡子(やまおか そうこ、1974年5月29日 - )は、長野県長野市出身の女性スノーボードハーフパイプ選手。長野市立昭和小学校長野市立川中島中学校長野県篠ノ井高等学校を経て和洋女子大学卒業。中学時代は卓球部に所属し、各大会で活躍した。身長162cm、体重53kg。血液型A型。アネックス・スノーボードクラブ所属。自称庶民派ボーダー。世界選手権銀メダリスト。

スノーボードを始めたのは大学卒業後、地元長野で広告制作会社に就職した23歳からである。当時OLであった山岡は遊びで初めて滑った時にはまってしまい、その後勤めていた会社を辞め本格的にスノーボードの世界に入っていった。アルバイトと両立させ、その後徐々に頭角をあらわし、2003-2004年シーズンではワールドカップ種目別総合優勝を勝ち取る。

2005年3月22日トリノオリンピックの出場が内定したが、本大会では10位に終わった。

2010年1月13日バンクーバーオリンピックの出場が決定した。大会では予選を9位で通過したが、準決勝で得点が伸びず10位で敗退した。

主な成績[編集]

オリンピック
  • トリノオリンピック:10位
    • 予選1回目:14位 28.5点(5.1-6.4-6.0-5.6-5.4)
    • 予選2回目:5位 35.6点(7.1-7.0-7.1-6.9-7.5) 決勝進出
    • 決勝1回目:22.4点(4.5-5.0-4.2-4.2-4.5)
    • 決勝2回目:32.7点(6.4-6.0-6.4-6.7-7.2)
  • バンクーバーオリンピック:準決勝10位
    • 予選1回目:9位 34.8点
    • 予選2回目:7位 37.0点 準決勝進出
    • 準決勝1回目:9位 30.6点
    • 準決勝2回目:6位 24.9点

2007年FIS世界選手権大会 スイス・アローザ(2007年1月) 2位

2007年アジア冬季競技大会(2007年1月29日)

  • Med 2.png 2位

FISワールドカップ2008 GIFU/GUJO大会(2008年2月23日)

  • Med 2.png 2位

エピソード[編集]

外部リンク[編集]

  • 山岡聡子 - バイオグラフィーとオリンピックでの成績(英語)
  • Yamaoka Soko(公式ホームページ)