山屋他人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
山屋他人
1866年4月18日 - 1940年9月10日
Yamaya Tanin.jpg
生誕 岩手県盛岡市
軍歴 1886年 - 1923年
最終階級 海軍大将
テンプレートを表示

山屋 他人(やまや たにん、慶応2年3月4日1866年4月18日 - 昭和15年(1940年9月10日)は、日本海軍軍人。海軍大将皇太子徳仁親王妃雅子曾孫にあたる。

経歴[編集]

現在の岩手県盛岡市盛岡藩山屋勝寿、ヤスの長男として生まれる。上京し攻玉社に通う。ここで江頭安太郎と知り合った。[1]

1886年海軍兵学校卒業(12期)。

日露戦争時に秋山真之がとったT字戦法の元となる円戦法を発案した。笠置、千歳の各艦長、人事局長、軍令部次長、第二艦隊司令長官などを経て第一艦隊司令長官兼連合艦隊司令長官となる。

連合艦隊司令長官の後は横須賀鎮守府司令長官、軍事参議官を経て大正12年(1923年3月31日に予備役となる。

葬儀委員長は同郷の米内光政首相が務めた。

「他人」という名前の由来は「一度(形式的に)捨てた子供を他人に拾ってもらうと丈夫に育つ」という俗信から、父親が「いちいち捨てたり拾ったりは面倒だ。最初から他人にしておけばいいだろう」と名付けたという。

年譜[編集]

その他[編集]

  • 盛岡八幡宮の表参道大鳥居の側には山屋他人書「盛岡鎮守」の碑が建っている。

家族 親族[編集]

系譜[編集]

  • 山屋氏 現在の岩手県の中央部に稗貫郡という郡がある。室町戦国時代この稗貫郡に稗貫氏という領主がおり、その支流に亀ヶ森氏という武士がいた。亀ヶ森姓を名乗っていた山屋家の先祖は稗貫家に仕え、主君稗貫広忠(家法・重綱)の正室の身辺警護を担当した。和賀・稗貫一揆で稗貫家が没落し、正室は陸奥三戸に赴いて南部信直側室となって稗貫御前と呼ばれるようになった。山屋家の先祖は稗貫御前に従って三戸で100石で南部信直に召抱えられた。当主の亀ヶ森喜明は陸奥九戸郡山屋村などを与えられたことにちなみ、名を山屋三右衛門喜明に改めたという。山屋家は江戸時代を通じて盛岡藩士として存続した。喜明は盛岡蔵奉行、治径は野田通代官、林左衛門は雫石筏奉行、龍治は徒頭、健之助は南部丹波守家の家老など要職を歴任した。ただ、山屋他人海軍大将の実家は、本家二代の家明の次男・勘右衛門が興した分家の直系である。勘右衛門の俸禄は石高ではなく、4駄2人扶持であった。勘五郎の代に、藩士としては最も低い2人扶持となり藩士としては最下級であり、極貧の部類に入る。与えられた役職は年間を通じて「お盆の数日間、寺の灯ろうの火の番をした」だけというから、ほとんど職らしい職を与えられなかったといえる。南部藩にとって後から入った外様だったので、最初から家禄を削られやすい立場にあったといえる。当時、足軽でも六駄二人扶持だったから、山屋家の先祖は、それよりも禄をもらえない下級も下級の武士として出発を運命づけられた。その後も山屋家の石高は上昇する気運は一向に見えない。むしろ少しずつながら下降していった。祖父権八のときには四駄も取れて、たった二人扶持となってしまった。山屋家は江戸時代を通じ最下級の武士として終始一貫したといえる。[2]
山屋三右衛門喜明━万左衛門(三右衛門)家明━万右衛門(三右衛門)辰明━三十郎(三右衛門)時治==三十郎治明━林

左衛門治常==儀八郎(三右衛門)治径━林左衛門━三右衛門龍治━健之助━直次郎━恒次郎━澄
山屋万左衛門(三右衛門)家明━勘右衛門==勘五郎勝岑==門平勝武==兵太(勘右衛門)==留之助(勘右衛門)勝安==権八

==富治勝寿━━他人━━太郎
     ┏江頭範貞
江頭嘉蔵━┫     
     ┗江頭安太郎┏江頭隆━江藤淳 
        ┃  ┃
        ┣━━╋古賀博
        ┃  ┃
古賀喜三郎━━米子  ┗━━━━━━━江頭豊
                   ┃     皇太子徳仁親王
山屋勝寿               ┃        ┃
 ┃                 ┃        ┣━━━━敬宮愛子内親王   
 ┣━━━━━山屋他人        ┃        ┃         
 ┃      ┃  ┏太郎     ┣━━━優美子 ┏雅子
ヤス      ┃  ┃       ┃    ┃  ┃
        ┣━━╋━ハツ子   ┃    ┣━━╋礼子    
        ┃  ┃  ┃    ┃    ┃  ┃      
       ┏貞子 ┃ 岩下保太郎 ┃   小和田恆┗節子
丹羽房忠━━━┫   ┃       ┃
       ┗教忠 ┗━━━━━━━寿々子




参考文献[編集]

  • 川口素生 『小和田家の歴史 雅子妃殿下のご実家』 新人物往来社 108-118頁

脚注[編集]

  1. ^ 『小和田家の歴史 雅子妃殿下のご実家』 125頁
  2. ^ 藤井茂『山屋他人 ある海軍大将の生涯』15-18頁

外部リンク[編集]


先代:
山下源太郎
連合艦隊司令長官
第11代:1920
次代:
栃内曽次郎