山口瑞鳳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

山口 瑞鳳(やまぐち ずいほう、1926年2月21日 - )は、日本の仏教学者、チベット学者。東京大学名誉教授成田山仏教研究所客員研究所員。文学博士(東京大学、1979年)。石川県鳳至郡門前町(現・輪島市)生まれ。旧名・川尻博。

略歴[編集]

受賞歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • ナラ王ものがたり 青葉書房 (学級図書館) , 1957
  • スタイン蒐集チベット語文献解題目録 2冊組、東洋文庫, 1977-78
  • 吐蕃王国成立史研究 岩波書店, 1983
  • チベットの仏教と社会 春秋社, 1986
  • チベット(上)、東京大学出版会〈東洋叢書 3〉, 1987。ISBN 4-13-013033-1
  • チベット(下)、東京大学出版会〈東洋叢書 4〉, 1988、改訂版2004。ISBN 4-13-013049-8
  • チベット語文語文法 春秋社, 1998
  • 「概説」チベット語文語文典 春秋社, 2002
  • 「要訣」チベット語文語文典 成田山新勝寺「成田山仏教研究所」, 2003
  • 「評説」インド仏教哲学史 岩波書店, 2010

翻訳・編著[編集]

論文[編集]

参考文献[編集]

  • 福田洋一「日本のチベット学10年--山口瑞鳳博士の研究を中心に」『仏教学』36, 1994