山口正義 (生理学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
山口 正義
(やまぐち まさよし)
人物情報
居住 日本の旗 日本
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国山口正義 (生理学者)
国籍 日本の旗 日本
出身校 静岡薬科大学薬学部卒業
静岡薬科大学大学院
薬学研究科修了
学問
研究分野 薬学
研究機関 静岡薬科大学
静岡県立大学
エモリー大学
主な業績 レギュカルチンの発見
RGPR-p117の発見
主な受賞歴 佐藤記念国内賞(1992年
斉藤賞(1992年)
三島海雲記念財団学術奨励賞
1999年
テンプレートを表示

山口 正義(やまぐち まさよし)は、日本アメリカ合衆国薬学者生物系薬学医療系薬学)。学位薬学博士静岡薬科大学)。エモリー大学医学部客員教授

静岡県立大学大学院生活健康科学研究科教授などを歴任した。

来歴[編集]

1971年静岡薬科大学薬学部製薬学科を卒業。同大学の大学院に進み、1973年薬学研究科製薬学専攻を修了した。以来、静岡薬科大学の薬学部にて、助手講師を務めた。静岡薬科大学が静岡女子大学静岡女子短期大学と統合され、新たに静岡県立大学が発足すると、同大学の薬学部にて引き続き講師に就任した。1991年に静岡県立大学大学院の生活健康科学研究科にて助教授に就任し、1993年には教授に昇任した。また、静岡県立大学で教鞭をとる傍ら、アメリカ合衆国大学研究機関の職を兼任しており、ペンシルベニア大学テキサス工科大学テキサス大学医学部にて研究職を得ていた。2007年ジョージア州エモリー大学に転じ、同大学の医学部にて客員教授として研究に従事する。

研究[編集]

専門は生理学薬学であり、特にカルシウムに関する内分泌学にまつわる分野の研究に取り組んでいる[1]細胞内のカルシウムの研究に従事していた際に、蛋白質の一種である「レギュカルチン」を世界で初めて発見した[1][2]。さらに、転写因子である「RGPR-p117」を世界で初めて発見したことでも知られている[1][2]。「抗骨粗鬆症組成物」にて特許を取得、「レギュカルチン過剰発現モデル動物」にて特許出願。

略歴[編集]

賞歴[編集]

  • 1992年 - 佐藤記念国内賞。
  • 1992年 - 斉藤賞。
  • 1999年 - 三島海雲記念財団学術奨励賞。
  • 2004年 - International Order Merit。

著作[編集]

単著[編集]

  • 山口正義著『骨の健康と食因子――骨粗鬆症の予防と修復へのアプローチ』食品資材研究会、1997年ISBN 9784879910028

編纂[編集]

  • 山口正義編『カルシウムと生命――遺伝子から生体機能の調節』黒船出版、1997年ISBN 9784876180202
  • 山口正義編『バイオメタル――生体調節の多彩な役割と病態』黒船出版、1998年ISBN 9784876180226

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c "Research", Masayoshi Yamaguchi,[リンク切れ] Emory University.
  2. ^ a b 第342回つくば分子生命科学セミナー』。
  3. ^ 学位論文書誌データベース

関連項目[編集]

外部リンク[編集]