山口壮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗衆議院議員 山口 壯
Tsuyoshi Yamaguchi cropped.jpg
生年月日 1954年10月3日(59歳)
出身地 日本の旗 兵庫県相生市
出身校 東京大学法学部
ジョンズ・ホプキンズ大学SAIS
学位・資格 法学士
国際政治学博士
前職 国家公務員外務省
所属委員会 文部科学委員会
世襲
選出選挙区 兵庫12区→)
比例近畿ブロック→)
兵庫12区
当選回数 4回
所属党派 新進党→)
無所属→)
無所属の会→)
民主党羽田玄葉グループ)→)
無所属
会館部屋番号 衆議院第2議員会館603号室
ウェブサイト 公式サイト
テンプレートを表示

山口 壯(やまぐち つよし、1954年10月3日 - )は、日本政治家外交官衆議院議員(4期)。

外務副大臣野田内閣野田第1次改造内閣野田第2次改造内閣)、内閣府副大臣菅第2次改造内閣)、民主党政策調査会筆頭副会長等を務めた。

来歴[編集]

兵庫県相生市生まれ。淳心学院中学校・高等学校東京大学法学部卒業。1979年外務省に入省し、同省経済局国際機関第二課に配属される。同期入省には田良原政隆(駐エルサルバドル大使)、伊原純一(外務省アジア大洋州局長)、廣木重之(外務省儀典長)、大江博内閣官房内閣審議官)、小林弘裕(駐ボツワナ大使)、平松賢司(外務省総合外交政策局長)、北岡元エディンバラ総領事)、西岡淳(駐ジブチ大使)、小川正史(駐ネパール大使)、西村篤子(駐ルクセンブルク大使)、長谷川晋(駐イラク大使)、花谷卓治フィジー大使)、横井裕(駐トルコ大使)、堀江良一(駐スーダン大使)らがいる。1980年より在外研修で在アメリカ合衆国日本国大使館に勤務するかたわら、ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院で学び、修士号を取得。1989年には同大学で博士号を取得した。

新進党幹事長であった小沢一郎の誘いを受け、1995年に外務省を退官。翌1996年第41回衆議院議員総選挙に新進党公認で兵庫12区から出馬したが、通商産業大臣経済企画庁長官を歴任した河本敏夫の子息で、自由民主党公認の河本三郎に敗れ、落選。新進党解党後、2000年第42回衆議院議員総選挙に再び兵庫12区から無所属で出馬し、前回敗れた河本を下して初当選。その後無所属の会に入党し、2003年第43回衆議院議員総選挙には同党公認で出馬するが、河本に敗れた。

2005年第44回衆議院議員総選挙には民主党公認で出馬するも河本に敗れた。しかし、重複立候補していた比例近畿ブロックで復活し、2年ぶりに返り咲く。2006年民主党代表(当時)の小沢一郎の下、次の内閣外務大臣に就任。2009年第45回衆議院議員総選挙では兵庫12区で河本を破り、3選。

2011年3月、「日本のグランド・デザイン」研究会玄葉光一郎グループ)を発足させ、代表世話人に就任した。同年7月、松本龍の辞任による内閣府副大臣平野達男東日本大震災復興対策担当大臣就任に伴い、後任の内閣府副大臣(国家戦略担当)に任命される。同年9月発足の野田内閣では外務副大臣に任命され、野田第2次改造内閣まで務める。

2012年第46回衆議院議員総選挙では民主党に猛烈な逆風が吹き荒れる中、兵庫12区で河本三郎の後継候補である自民党新人の岡崎晃を破り、4選。12月28日、民主党のネクスト外務大臣に就任した。

2013年12月5日、民主党に離党届を提出。その後開いた記者会見では、民主党離党の理由について「民主党の中で一生懸命やってきたが限界を感じた」と説明し、当面は無所属で活動する意向を表明した[1]。同年12月19日、無所属のまま自民党の二階派に入会[2]。山口の二階派入りを受け、民主党は2014年1月31日の党倫理委員会において、山口の行動は党倫理規定における処分対象の一つ「他政党を利する行為」に該当するため、除籍処分の妥当性を認める答申を提出し、2月4日に開かれた常任幹事会において民主党執行部は山口の離党届を受理せず、除籍する方針を正式に決定した[3]

政策・主張[編集]

  • 2006年10月13日の衆議院本会議において、当時の首相・安倍晋三が掲げたキャッチフレーズ「美しい国」について、「うつくしいくに、逆から読むと、にくいしくつう(美しい国は憎いし苦痛)」であり、「一見立派な政策構想が現実には格差を広げ、国民の負担は増える一方」と批判した[4]
  • 2009年9月11日、民主党の次の内閣防衛副大臣の立場で、自民党政権が進めてきたミサイル防衛について「役に立たない、撃ち落せる確率は100分の1か2ぐらいだ」、「爆撃機を対空防衛で落とせる確率は20〜30%と言われている」など、現在の軍備に疑問を呈した[5]
  • 北朝鮮の外交姿勢については「拉致問題で完全に北朝鮮が認めれば日本の援助が始まり、北朝鮮の民主的な傾向が強くなる。時間はかかるがそれしかない」との考えを示した[6]
  • 2009年5月15日北朝鮮によるミサイル発射実験が行われると、「6者協議が機能していない。完全に麻生外交は破綻している」と麻生内閣を非難した[7]
  • 2011年9月15日、外務省での記者会見において、韓国政府が提起した慰安婦問題に関する新たな政府間協議の設置について「(日韓基本条約を締結して)法的には解決済みだ」として、政府間協議には応じない考えを示しながらも「どんな状況があるかよく話し合っていけばいい」とも述べ、韓国政府との対話は続ける意向を示した[8]
  • 日本国憲法改正集団的自衛権の行使を禁じる内閣法制局憲法解釈の見直しに賛成[9]

年譜[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

人物[編集]

  • 好きな言葉は「道なきところに道をひらき、不可能を可能にする」。
  • 尊敬する人物は、外務省出身の大先輩である元首相の吉田茂

親族・親戚[編集]

  • 妻の曽祖父
森国造(元衆議院議員)
  • 妻の祖父
中村庸一郎(元衆議院議員)
森武臣(元富国生命社長)
  • 妻の叔父
中村正三郎(元衆議院議員・法務大臣

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
伴野豊高橋千秋
日本の旗 外務副大臣
山根隆治と共同

2011年 - 2012年
次代:
吉良州司榛葉賀津也
先代:
東祥三末松義規平野達男
日本の旗 内閣府副大臣
東祥三末松義規と共同

2011年
次代:
石田勝之後藤斎中塚一宏