山ノ内駅 (京都府)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
山ノ内駅
山ノ内駅の安全地帯(右奥が嵐山方面)
山ノ内駅の安全地帯(右奥が嵐山方面)
やまのうち - Yamanouchi
A4 西大路三条 (0.8km)
(0.9km) 嵐電天神川 A6
所在地 京都市右京区山ノ内宮前町
駅番号  A5 
所属事業者 京福電気鉄道
所属路線 嵐山本線
キロ程 2.8km(四条大宮駅起点)
駅構造 地上駅
ホーム 相対式2面2線
乗降人員
-統計年度-
1,131人/日
-2012年-
開業年月日 1910年(明治43年)3月25日
幅の狭い安全地帯

山ノ内駅山ノ内電車停留所[要出典])(やまのうちえき、やまのうちでんしゃていりゅうじょ[要出典])は、京都府京都市右京区山ノ内宮前町にある京福電気鉄道嵐山本線。駅ナンバリングはA5

駅構造[編集]

安全地帯形式の相対式ホーム2面2線の構造をした、京都府内で唯一の路面電車停留場である。安全地帯は幅63cm[要出典]と非常に狭い。車両にはステップがないため、安全地帯から車両までは大きな段差が生じる。

のりば
1 嵐山本線(下り) 帷子ノ辻嵐山方面
2 嵐山本線(上り) 西院四条大宮方面

電車が到着すると、停留所前後にある信号機の車道側が即座に赤に切り替わり、自動車を停車させて横断する乗客の安全を確保する。対向列車がほぼ同時に到着するときは、先に到着する列車が信号手前で一時停止し、対向列車の到着を待って同時に停留所へ進入する。一方の列車が先に停留所へ進入すると信号が赤に変わってしまい、対向列車が自動車と共に停留所手前で信号待ちさせられてしまうためである。

安全地帯の両側(線路上も)をひっきりなしに自動車が通るため、安全地帯上で電車を待つのは安全とは言い難い。歩道に立って電車を待ち、電車が到着して車道側の信号が赤になってから、横断歩道を渡って乗車するほうが安全である。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

京福電気鉄道
嵐山本線
西大路三条駅 (A4) - 山ノ内駅 (A5) - 嵐電天神川駅 (A6)
  • 括弧内は駅番号を示す。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 山ノ内駅(嵐電観光マップ) - 京福電気鉄道