層雲峡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
銀河の滝
流星の滝 (2007/03)
流星の滝 非凍結時 (2006/05)
大函 (2001/07)

層雲峡(そううんきょう)は、北海道上川町にある峡谷である。大雪山国立公園に位置し、石狩川を挟み約24kmの断崖絶壁が続く。大雪山黒岳山麓にある層雲峡温泉は大型ホテルなどが立ち並ぶ北海道有数の規模を誇る温泉街で、層雲峡および大雪山観光の中心地となっている。

名前の由来[編集]

元々、アイヌ語でソウウンベツ(滝の多い川の意)と呼ばれていた。これにちなんで大町桂月1921年(大正10年)に層雲峡と命名。

みどころ[編集]

大函・小函:層雲峡の峡谷美が最も素晴らしい場所である。約3万年前の大雪山の噴火により堆積した溶結凝灰岩が石狩川によって浸食されたことにより形成された、高さ200m前後の柱状節理の断崖を間近に見ることができる。

流星の滝、銀河の滝:「流星の滝」は90mの断崖を一気に流れ落ちる豪快な滝。「銀河の滝」は120mの断崖から糸を引くように優美な姿で流れ落ちる滝。この2つの滝は「流星・銀河の滝」として日本の滝百選にも選定されている。国道39号銀河トンネル入口横から旧道に入ったところに駐車場が整備されており、2つの滝を真近に眺めることができる。また、駐車場から背後の山を20分ほど登ったところには「双瀑台」の展望台があり、流れ落ちる2つの滝を同時に眺めることができる。層雲峡にはこの他にも、白蛇の滝、岩間の滝等大小様々な滝がある。

大雪山黒岳(1984m):層雲峡温泉の温泉街から層雲峡・黒岳ロープウェイリフトを乗り継いで7合目まで行け、そこから頂上までは1時間ほどで登ることができる。手軽に登ることができるが、毎年7月まで残雪があり、9月には初雪を迎えるため、相応の装備が必要である。

災害と対策の歴史[編集]

国道39号を層雲峡温泉から石北峠方面に向かうと銀河トンネルという長さ3,388mのトンネルがある。もともと国道39号は層雲峡の渓谷に沿った断崖絶壁の直下を通過しており、石狩川をはさんでそびえ立つ柱状節理の巨大な岩盤「天城岩」や「流星の滝」「銀河の滝」、さらに巨大な岩壁が目と鼻の先に迫る「神削壁」などのダイナミックな光景を見ながら通過することができていた。しかしその反面、切り立った断崖の真下を通過することから、落石事故の危険性も高い区間となっていた。このため、安全を確保するため、特に落石の危険性が高いとされた「神削壁」の区間をトンネルで迂回することとし、1979年(昭和54年)に小函トンネル(延長1,134m)が建設された。 しかし、その後も落石は頻発し、1987年(昭和62年)6月9日早朝、天城岩の一部が11,000に及ぶ大規模な崩落を起こした。石狩川を完全に埋め尽くし、対岸の国道39号を走っていたトラック等の車両5台とサイクリングの集団を直撃し、約100mに渡って国道をも埋め尽くした。人的被害は岩盤の直撃を受けた3名(トラック2台の運転手とサイクリングの先頭1人)が死亡、重軽傷者が6名という大惨事であった。この事故は「層雲峡小函天城岩崩落災害」とよばれている。なお、崩落の原因は、柱状節理の岩盤が節理面の風化によって崩壊したものと考えられている。 [1][2][3] この災害以後、復旧までの間、国道39号は当該区間が通行止めとなり、利用者は遠軽周りの大きな迂回を強いられた。

この災害を受け、危険箇所をトンネルで全面的に迂回することとなり、銀河・流星の滝の旭川寄りの地点から新しいトンネルを掘削し小函トンネル内部に接続する形で合計3,388mの長大トンネルが建設された。新トンネルは銀河の滝の名にちなみ銀河トンネルと命名され、1995年(平成7年)10月に供用開始された。旧道は旭川側から流星・銀河の滝までの区間が観光利用のため残され、その先もサイクリングロードを兼ねた「小函遊歩道」として活用されることとなったが、その後も落石が頻発したことから、後に流星・銀河の滝から先は完全に閉鎖され、自転車・歩行者を含め一切の通行が禁止された。

関連項目[編集]

参考文献・外部リンク[編集]

  1. ^ 上川町史第三巻
  2. ^ 上川町地域防災計画
  3. ^ 岩盤崩壊の機構と運動についてのレビュー 永田秀尚 「地すべり」No.39 社団法人日本地すべり学会 2002年