屋島の禿狸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
屋島寺境内の蓑山大明神
屋島狸の酒徳利

屋島の禿狸(やしまのはげだぬき)は、香川県高松市屋島に伝わる化け狸太三郎狸(たさぶろうたぬき、たさぶろうだぬき)、屋島の禿(やしまのはげ、やしまのかむろ)ともいう。佐渡団三郎狸淡路芝右衛門狸と並んで日本三名狸に数えられている[1]スタジオジブリ制作によるアニメーション映画平成狸合戦ぽんぽこ』に登場することでも知られる[2]

概要[編集]

その昔、ある狸が矢傷で死にかけたところを平重盛に助けられ、恩義から平家の守護を誓った。その子孫が屋島の禿狸といわれる[3]

平家の滅亡後、禿狸は四国八十八箇所の第84番である屋島寺の守護神となった。その変化妙技は日本一と称され、四国の狸の総大将の位にまで上り詰めた。大寒になると300匹の眷族が屋島に集まり、禿狸はかつて自分が見た源義経の八艘飛びや弓流しといった源平合戦の様子を幻術で見せたという[3]

後に禿狸は命を落とすが、猟師に撃たれて死んだという説[3]、淡路の芝右衛門狸との化け比べが原因で命を落としたという説がある[4]。後者によれば、三名狸がそれぞれ自分こそが日本一と自慢する中、禿狸は淡路に乗り込んで芝右衛門狸に化け比べを挑んだ。勝負の日、勝負の場所にやって来た芝右衛門は、に無数の軍船が現れるのを見た。一体何事か、戦争でも起きるのかと芝右衛門が驚く中、は姿を消し、禿狸が現れた。禿狸の術だったのである。勝ち誇る禿狸に、ならば自分は大名行列に化けてみせると芝右衛門が言った。次の勝負の日、勝負の場所に見事な大名行列が現れた。「敵ながらあっぱれ」と大声で褒め上げた禿狸は、武士に「無礼者!」とで刺し殺された。本物の大名行列だったのである。気の毒に思った芝右衛門は、禿狸を手厚く葬ったという[4][5]

禿狸の死後の霊は阿波(現・徳島県)に移り棲み、人に憑くようになった。嘉永年間には阿波郡林村(現・阿波市)の髪結いの女性に憑き、吉凶を予言したり、狸憑きを落としていたといわれる[3][6]

また、江戸末期に起きたという狸たちの大戦争・阿波狸合戦の際、日開野村(現・小松島市)の狸が人に憑いて語ったところによれば、合戦で金長狸と六右衛門狸が相討ちとなった後、双方の2代目同士によって弔い合戦が行なわれようとしたところ、屋島の禿狸の仲裁によって事が収まったという[6]。後に日清戦争日露戦争では、禿狸は多くの子分たちと共に満州へ出征して活躍したという[6]

屋島の禿狸は多くの善行を積んだことから、現在は高松市の屋島寺に蓑山大明神として祭祀されている[3]。家庭円満、縁結び[2]、水商売の神であり、子宝や福運をもたらすともいわれ、全国からの信者も多い[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 宮沢光顕 『狸の話』 有峰書店、1978年、229頁。NCID BN06167332
  2. ^ a b 村上 2011, pp. 126-127
  3. ^ a b c d e 赤塚 1995, pp. 99-100
  4. ^ a b 宮崎 1980, pp. 227-231
  5. ^ 大名行列に化けるという話形は彦一ばなしにも見られる。
  6. ^ a b c 後藤 1922, pp. 282-290
  7. ^ 屋島太三郎狸〈蓑山大明神〉”. 四国霊場第84番 南面山 千光院 屋島寺. 2010年8月29日閲覧。インターネット・アーカイブによる記録)

参考文献[編集]