尾白川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
尾白川渓谷から転送)
移動: 案内検索
尾白川
Jinja-falls-ojirogawa (200811).jpg
尾白川渓谷・神蛇滝(2008年11月)
水系 一級水系 富士川
種別 一級河川
延長 -- km
水源の標高 2,300 m
水源 甲斐駒ヶ岳
河口・合流先 釜無川
流域 山梨県北杜市
テンプレートを表示

尾白川(おじらがわ)は山梨県北杜市を流れ釜無川に注ぐ一級河川である[1]河川は白州・尾白川として、1985年(昭和60年)名水百選のひとつに選定された[2]

由来[編集]

古来より白州の山中に白黒で尾が白い神馬が住んでいてその霊験は白と黒(善と悪)を明らかにした。人界を律する神馬が住む霊境を源とする川であることから尾白川と呼ばれている[3]

概要[編集]

甲斐駒ヶ岳の古来よりの登山道黒戸尾根ルートの七丈小屋上流の北東の沢から源流が表流し、鋸岳の稜線下の、同じく源流である本沢と合流し、尾白川渓谷を形成し甲斐駒ヶ岳の黒戸尾根ルートの登山口である竹宇駒ヶ岳神社から扇状地を形成し釜無川に合流する。

尾白川渓谷[編集]

尾白川上流の渓谷である。渓谷には、千ヶ淵、旭滝、百合ケ渕、神蛇滝、不動滝等の渕や滝が多くある。特に神蛇滝は釜を作りながら3段になって流れ落ちる美しい姿で知られ、渓谷の一番の見どころとなっている。 渓谷沿いには、一周約4時間の遊歩道が整備されておりトレッキングが楽しめる。

  • 交通
    • 鉄道:JR長坂駅からタクシーで約25分
    • 自家用車:小淵沢ICから約30分 渓谷入り口に無料駐車場あり

脚注[編集]

  1. ^ 富士川水系釜無川圏域河川整備計画 - 山梨県
  2. ^ 白州・尾白川 - 名水百選 - 環境省
  3. ^ 案内板より要約

関連項目[編集]