少林寺三十六房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
少林寺三十六房
The 36th Chamber of Shaolin
監督 ラウ・カーリョン
脚本 クァン・リー
製作 邵逸夫、モナ・フォン
出演者 リュー・チャーフィー
ロー・リエ
ワン・ユー
ラウ・カーウィン
音楽 チェン・ヤンユー(フランキー・チェン)
主題歌 「少林寺三十六房のテーマ(ショウリン・ファイター)」 山崎アキラ(ビクター)※日本公開版のみ
製作会社 ショウ・ブラザーズ
配給 ショウ・ブラザース・スタジオ(アジア圏)、東映(日本)
公開 香港の旗 1978年2月2日
日本の旗 1983年4月11日
上映時間 115分
製作国 香港の旗 香港
言語 広東語
北京官話
テンプレートを表示

少林寺三十六房』(しょうりんじさんじゅうろくぼう)は、少林寺を題材にした1978年製作の香港アクション映画。数ある少林寺ものの中でも傑作の呼び声が高く、キル・ビルの監督も務めたクエンティン・タランティーノも本作を「クンフー映画史上最高の3本に入る」と評し、主演を務めたリュー・チャーフィーに自らオファーをかけたほどだった。香港公開から遅れること約5年、日本劇場公開版のみ最初最後の部分に山崎アキラが唄う主題歌が追加されている(最後の部分はフルコーラス)。1985年1月12日フジテレビゴールデン洋画劇場」でテレビ初放送された。2004年にDVD化(一部吹き替え無し部分あり)され、更に2013年に続編2作を含めたBlu-rayBOXの発売が決まっている。

あらすじ[編集]

は滅ぼされ、人々がの圧政による支配に苦しめられていた時代が舞台。

明の復興を画策する義士たちは武芸の本山、少林寺の参加に期待をかけていた。学生の身であった劉裕徳は清に仲間や家族を殺され、からがら少林寺へとたどり着き、出家して三徳と名を改める。

少林寺には35房あり、最初の10房は腕、手首、目、頭といった身体を鍛える基礎訓練。続く房では、刀術、棒術、拳法という戦闘技術を学ぶ。各房では35種の想像を絶する厳しい訓練が待っていた。各房の住持の許しを得た者だけが次の房へと進むことができる。

努力と仲間の支え、師匠である住持達の励ましを受けることで、三徳は次々と試練を乗り越え、5年という異例の速さで35房の全てを制覇し、戒律院住持との戦いを通じて、新たな武器「三節棍」を考案する。

そしてついに下山して、道中で同士を集めつつ、清に対する復讐を開始する。

登場人物[編集]

劉裕徳/三徳(リュー・チャーフィー/池田秀一
本作の主人公。名前はリュー・ユーダ/サンダ(吹替え版ではリュー・ユウテイ/サンテイ)と読む。
通っていた私塾の師が清への反抗運動を行っていたため、自らも志願して運動に加わる。後にそのことが露見し、干物屋を営む父親は裕徳を逃がすために殺され、他の仲間の次々と連行される中、学友と二人だけで難を逃れる。
復讐を誓う二人は、強くなるために少林寺へ行き修行することを考えるが、道中で追手に見つかり、学友は殺され、自身も命からがら少林寺へたどり着く。
紆余曲折の末、少林寺三十五房で修行することになる。最初はいきなり頂房(最後の房)から修行を始めようとしてたたき出されたり、三十五房ではズルをしようとして池にたたき落とされたり、食事を得るために上級者用の食堂に入ろうとしたりと、かなり間の抜けた部分が目立ったが、寝る間を惜しんだ努力を糧にして修行に励み、五年という異例の早さで三十五房を制覇する。
その後戒律院総長との戦いの中、新たな武器「三節棍」を考案する。
演じたリュー・チャーフィーによると、三徳が過去に実在した少林寺の僧侶で生家が映画と同じ干物屋だったことを後年になって知ったとDVDでのインタビューで語っている。
戒律院住持(リー・ホイサン/坂口芳貞
吹き替え版では戒律院総長となっている。
三徳は復讐心が強すぎて危険と言い、入山を拒否しようとし、その後も異例の速さで出世する三徳に危機感を抱き、度々院長に苦言を呈する。
修行を終えた三徳が(頂房以外の)房の住持に任命されようとした際、条件として自分と一騎打ちし、勝利することを三徳に課す。双刀の達人で三徳に度々苦杯をなめさせる。
戒律院とは少林寺において不正を行った者や戒律に背いた者を裁く、裁判官の役目を持った少林寺内の部署であり、演じたリー・ホイサンも実際は詠春拳の達人とのこと(DVDでのリューのインタビューにて)。
天達(ティエン)将軍(ロー・リエ/細井重之
清の将軍。圧政によって人々を苦しめる。双刀の使い手。双刀は収納時または重ねて持つと一本の刀に偽装できる実在の中国武器である。
唐三要(ウイルソン・タン/青野武
天達将軍の部下。タン・サンヨと読ませる。冷酷な性格で、裕徳の父や学友のみならず、自分達に逆らう反乱分子の者を次々と殺害する。後に下山した三徳と対決して敗れ、居合わせた反乱分子の男に刀でめった切りにされて殺される、という因果応報とも言うべき哀れな最期を遂げる。

外部リンク[編集]