少年と犬 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
少年と犬
A Boy and His Dog
監督 L・Q・ジョーンズ
脚本 L・Q・ジョーンズ
原作 ハーラン・エリスン
製作 アルヴィ・ムーア
L・Q・ジョーンズ
出演者 ドン・ジョンソン
音楽 ティム・マッキンタイア
撮影 ジョン・アーサー・モリル
編集 スコット・コンラッド
製作会社 LQ/JAF
配給 アメリカ合衆国の旗 LQ/JAF
公開 アメリカ合衆国の旗 1975年11月14日
上映時間 91分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

少年と犬』(しょうねんといぬ、A Boy and His Dog)は、1975年アメリカ合衆国SFカルト映画ドン・ジョンソン主演。日本では劇場未公開だが、DVDが発売されている[1]

日本でも人気のテレビドラマシリーズ『刑事ナッシュ・ブリッジス』で知られるドン・ジョンソンが主演している異色SF映画である本作。当時まだ若手だったジョンソンの名を世間に知らしめた作品のひとつでもある。原作はSF作家小説家として活躍したハーラン・エリスン。尚、小説版は1969年ネビュラ賞を受賞した。監督は俳優映画監督として知られるL・Q・ジョーンズ20年以上たった今もなお、女性が貴重となった近未来という奇想天外な設定、ブラック・ユーモア、意表をついた衝撃のエンディングなどの要素も相まって数多くのファンから絶大な支持を得ているカルト映画である。[要出典]

ストーリー[編集]

時は2024年の近未来。核戦争により世界は荒廃し、文明社会の名残は微塵も残っていない。放射能が原因の遺伝子異変で、地上にはほぼ女性がいなくなってしまっていた。そんな世界に暮らす少年ヴィック(ドン・ジョンソン)は、飼い犬の超能力犬ブラッドと共に食料と女を探して放浪する日々。だがある日、独自の文明を築いた地下社会に住むクィラ(スザンヌ・ベントン)という少女と出会ったヴィックは、彼女を追いかけて暴徒と化した集団の銃撃戦に遭遇。命からがらクィラらと共にその場を逃れた彼は、地下壕へ隠れる。そこでクィラは、地下にある文明社会の存在をヴィックへ教える。そこには地上とは違い戦争も飢えもなく、男たちと共に多くの女性たちが暮らしていると言う。そのことを知ったヴィックは、愛犬ブラッドの忠告も聞かずに地下社会へ通じる扉を空け、地下社会へ行く。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 少年と犬 [DVD]”. Amazon.co.jp. 2014年8月24日閲覧。

外部リンク[編集]