小麦発酵抽出物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

小麦発酵抽出物(こむぎはっこうちゅうしゅつぶつ)は、小麦に常在する共生細菌であるパントエア・アグロメランス(Pantoea agglomerans)と小麦粉を培養(発酵)させた産物の熱水抽出物である。

マクロファージなどの食細胞を活性化する物質を含んでいる機能性素材である[1][2][3]

生理的効果[編集]

パントエア・アグロメランスはグラム陰性菌であり、細胞膜リポ多糖(lipopolysaccharide, LPS)を含んでいる。リポ多糖はマクロファージなどの食細胞を最も微量で活性化誘導する物質であり、in vitroの実験では、100pg/ml程度の濃度で食細胞を活性化することが知られている。 パントエア・アグロメランスのリポ多糖は経口摂取で、ヒトマウスニワトリ魚介類自然免疫機能(食細胞を中心とするすべての動物が持っている生体防御機能)を亢進する。小麦発酵抽出物の経口投与は、動物実験では感染防除効果、脂質異常症の改善、I型アレルギーの抑制などの効果が報告されている[4]。また、水産養殖においては、マダイ、ブリ、カワハギ、コイ、アユ、クルマエビなどの感染症に対する予防効果が知られている[5][6]

パントエア・アグロメランス[編集]

パントエア・アグロメランスはグラム陰性菌であり、広く土壌および植物(小麦、イネサツマイモリンゴナシなど)に存在する。本菌は窒素固定無機リンを溶解する作用を持つことから、植物の成長を促進する[7][8][9]アメリカ合衆国カナダオーストラリア日本産のすべて小麦の主要な付着細菌であることが報告されている[10]。以上のことから、広く植物に共生するグラム陰性菌であると考えられる。また、ヨーロッパで広く食べられている発酵ライ麦パンは乳酸発酵により製造されることが知られているが、乳酸菌の増殖に先立ち、パントエア・アグロメランスが増殖し、乳酸の増殖(発酵)に必要な葉酸ビタミンの一種)を供給していることが報告されている[11]。さらに、欧州では、パントエア・アグロメランスの生菌をリンゴやナシの果実のカビによる病気を防ぐバイオ製剤として使用されている。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 杣源一郎. マクロファージ活性化に小麦発酵抽出物-免疫力を高めて生活習慣病に打ち勝つ天然の素材-ハート出版. (2008)
  2. ^ 稲川裕之、河内千恵、杣源一郎. 小麦発酵抽出物の自然免疫作用. 補完代替医療学会誌 4, 79-90 (2007)
  3. ^ Inagawa, H., Nishizawa, T., Yoshioka, N., Taniguchi, Y., Kohchi, C., and Soma, G-I. Preventative and therapeutic potential of lipopolysaccharide derived from edible Gram-negative bacteria to various diseases. Current Drug Therapy, 3, 26-32 (2008)
  4. ^ 河内千恵、稲川裕之、西澤孝志、山口高俊、高松智、永井史郎、杣源一郎. 小麦発酵抽出物の自然免疫作用. New Food Industry 48, 19-27 (2006)
  5. ^ 高橋幸則, 小麦発酵抽出物, 養殖,45(3),88-91 (2008)
  6. ^ Takahashi, Y., Kondo, M., Itami, T., Honda, T., Inagawa, H., Nishizawa, T., Soma, G-I. and Yokomizo, Y. Enhancement of disease resistance against penaeid acute viraemia and induction of virus-inactivating activity in haemolymph of kuruma shrimp, Penaeus japonicus, by oral administration of Pantoea agglomerans lipopolysaccharide (LPS). Fish and Shellfish Immunology 10, 555-558 (2000).
  7. ^ M. Singh, A. Kleeberger and W. kingmuller, Location of nitrogen fixation (nif) genes on indigenous plasmids of Enterobacter agglomerans Mol Gen Genet, 190, 373-78 (1983).
  8. ^ F. Laheurte and J. Berthelin, Effect of a phosphate solubilizing bacteria on maize growth and root exudation over four levels of labile phosphorus Plant Soil, 105, 11-17 (1988).
  9. ^ Y. Feng, D. Shen, and W. son, Rice endophyte Pantoea agglomerans YS19 promotes host plant growth and affects allocations of host photosynthates. Applied Microbiology, 100, 938-945 (2006).
  10. ^ Nishizawa, T., Inagawa, H., Oshima, H., Okutomi, T., Tsukioka, D., Iguchi, M., Soma, G-I. and Mizuno, D. Homeostasis as regulated by activated macrophage. I. Lipopolysaccharide (LPS) from wheat flour: isolation, purification and some biological activities. Chem. Pharm. Bull. 40, 479-483 (1992).
  11. ^ S. Kariluoto, M. Aittamaa, M. Korhola, H. Salovaara, L. Vahteristo, V. Piironen, Effects of yeasts and bacteria on the levels of folates in rye sourdoughs. Int,J.Food Microbiol,106, 137-143 (2006).