小鷹 (砲艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese gunboat Kotaka.jpg
揚子江における砲艦「小鷹」
艦歴
計画
起工 1929年9月三井玉造船所
進水
竣工 1930年1月11日
喪失 1944年5月31日
除籍
性能諸元 (竣工時)
排水量 基準:50トン
常備:60.67トン
全長 垂線間長30.0m
全幅 4.9m
吃水 0.64m
機関 新潟式ディーゼル機関2基2軸推進
最大
出力
540hp
速力 15.5ノット
航続距離
燃料
乗員
兵装 7.7mm機銃3挺

小鷹(こたか)は、日本海軍の雑役船(交通船)。豆砲艦と呼ばれ、当時のジェーン海軍年鑑でも砲艦に分類されていた。艦名は小型の鷹類の総称を意味する[1]

概要[編集]

1929年(昭和4年)度[2]の支那事変費によって建造された小型の雑役船。1930年(昭和5年)に三井玉造船所で竣工し、運送艦「青島」で上海まで運ばれた。正式な分類は雑役船中の交通船(内火式河用特型)だが、外観は熱海型砲艦をそのまま縮小したような形で機銃3挺を装備した。通常の砲艦では進入できない浅瀬や河川の支流、湖沼などの警備にあたり、その他「遡江作戦」などにも参加、「豆砲艦」と呼ばれ重宝したという。1944年(昭和19年)5月31日に揚子江で爆撃を受け戦没した。

参考文献[編集]

  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』(光人社、1993年) ISBN 4-7698-0386-9
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第14巻 小艦艇II』(光人社、1990年) ISBN 4-7698-0464-4
  • 日本造船学会『昭和造船史 第1巻』第3刷(原書房、1981年)ISBN 4-562-00302-2

脚注[編集]

  1. ^ 『聯合艦隊軍艦銘銘伝』p489による。
  2. ^ 『聯合艦隊軍艦銘銘伝』では昭和十四年度計画、昭和十五年竣工とあるが他の文献から昭和4年度計画、昭和5年竣工の間違いと判断した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • [1]中国における各国砲艦の写真があるページ。