小菱形骨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

小菱形骨(しょうりょうけいこつ)(羅名trapezoideum Os,trapezoideum)とは、四肢動物の前肢を構成する短骨の一つである。

ヒトの小菱形骨は、左右の手に1本ずつ存在し大菱形骨有頭骨有鈎骨とともに遠位手根骨を構成している。

小菱形骨と関節する骨[編集]

小菱形骨から起始する筋肉[編集]

小菱形骨に停止する筋肉[編集]

関連項目[編集]