小笠原貞宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
小笠原貞宗
Ogasawara Sadamune.jpg
集古十種』より
時代 鎌倉時代後期 - 室町時代前期
生誕 正応5年4月12日1292年4月30日
死没 正平2年/貞和3年5月26日1347年7月5日
改名 豊松丸(幼名)→貞宗
別名 彦五郎
官位 右馬助、治部大輔、信濃守
幕府 鎌倉幕府室町幕府
氏族 小笠原氏
父母 父:小笠原宗長、母:赤沢政常の娘
兄弟 貞宗貞長
政長宗政坂西宗満

小笠原 貞宗(おがさわら さだむね)は、鎌倉時代後期から室町時代前期の武将。信濃小笠原氏の当主。信濃守護

生涯[編集]

正応5年、信濃国松尾(現・長野県飯田市)に生まれる[1]北条貞時から偏諱(「貞」の字)を受けている[2]ことから明らかであるように、当初は鎌倉幕府に仕えており、元弘元年(1331年)からの元弘の乱では新田義貞に従い足利尊氏(高氏)らとともに後醍醐天皇の討幕運動を鎮圧に加わり、北条貞直に属して楠木正成赤坂城を攻めた(『光明寺残篇』)。しかし高氏が鎌倉幕府に反旗を翻すとこれに従い、鎌倉攻めに参加する[3]。建武元年、この功績により信濃国守護(信濃守守護)に任ぜられた[4][5]

中先代の乱では北条残党により国衙を襲撃されて国司を殺され、鎌倉進軍を阻止できなかったが、鎮圧後、尊氏が後醍醐天皇から離反するとこれに従った[6][7]建武3年(1336年)には足利方の入京により後醍醐天皇が比叡山へ逃れる。この際、貞宗は後醍醐方の兵糧を絶つ目的で琵琶湖の湖上封鎖を行っている[8]。その後も一貫して北朝側の武将として金ヶ崎の戦い青野原の戦いなど各地を転戦し、暦応3年/興国元年(1340年)には、遠江から信濃南朝方の拠点である伊那谷に入った北条時行を大徳王寺城に破った。康永元年/興国3年(1342年)には常陸北畠親房を攻めた。

建武2年9月には安曇郡住吉荘を、正平2年/貞和3年4月には近府春近領を与えられ、信濃府中に進出する足掛かりを得た。正平2年/貞和3年(1347年)5月26日、京都で死去[9]。56歳没。子の政長が家督を相続した。

小笠原流礼法について[編集]

現在も続く小笠原総領家では貞宗を小笠原流礼法の中興の祖としている。貞宗は弓馬術に礼式を加え、弓・馬・礼の三つを糾法と称し、小笠原伝統の基盤を作った[10]。さらに、後醍醐天皇より「小笠原は武士の定式なり」との御手判と「王」の字を家紋に賜った。特に騎射に優れ犬追物を復活させ晩年には今川氏伊勢氏、小笠原氏の三家の武家礼節の書「三義一統」を著した。剃髪し開善寺(飯田市)を創立し俗に開善寺入道と称されている。

ただし、小笠原家については歴史的研究はなされていないため、言い伝えに過ぎない。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 二木,732頁
  2. ^ 鈴木由美「御家人・得宗被官としての小笠原氏 -鎌倉後期長忠系小笠原氏を題材に-」(所収:『信濃』第64巻第12号 (通巻755号、信濃史学会、2012年12月))脚注24。兄弟の貞長についても同様。「宗」の字は、父・宗長が貞時の父である北条時宗から一字拝領したもの(鈴木、同前)に由来する。
  3. ^ 二木,732頁
  4. ^ 二木,732頁
  5. ^ 「貞宗、永仁二年松尾館に生まれ、父に継いで惣領職(信濃守)となり、建武元年信濃守守護職に命じられ(後略)」小学国史教授用郷土史年表並解説、更級郡教育会、国立国会図書館、1937年
  6. ^ 二木,732頁
  7. ^ 乱における国衙焼失後、後醍醐天皇の任命した後任の国司堀川光継を筑摩郡浅間宿に出迎えている。
  8. ^ 二木,732頁
  9. ^ 二木,732頁
  10. ^ 「貞宗、(前略)、祖業を継いで最も馬術に通じた」小学国史教授用郷土史年表並解説、更級郡教育会、国立国会図書館、1937年

参考文献[編集]

関連項目[編集]