小笠原氏興

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

小笠原 氏興(おがさわら うじおき、享禄2年(1529年) - 永禄12年6月11日1569年7月24日))は、戦国時代の武将。名は氏清とも。通称は彦五郎、与八郎。官位は美作守。

信濃守護・小笠原長時の従兄弟である小笠原春義(春儀、春茂)の息子で、高天神小笠原家の当主。子に小笠原信興(長忠、氏助、氏儀)がいる。母は今川氏親の娘。

氏興は当初今川義元に仕えていた。義元が桶狭間の戦い尾張織田信長に攻められ戦死したため、義元嫡子・今川氏真が家督を嗣ぐ。氏真は凡庸な当主だったために甲斐武田信玄甲相駿三国同盟を破棄されて駿河に攻められ、さらに三河徳川家康までもが遠江に侵攻して来ると、永禄12年(1569年)氏興は弟の清広義頼と共に、家康に内応して主君氏真が籠城する掛川城袋井方面から攻撃し戦功を上げた。氏真はかなわず掛川城を撤退し、小田原の後北条氏の元に亡命した。

その後は家康に仕えたが、同年に馬伏塚城にて病死した。享年41。法名は泰翁。妻は三浦氏。高天神小笠原家の家督は末弟の小笠原義頼が継承した。

関連項目[編集]

参考[編集]