小田駅 (島根県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小田駅
駅舎
駅舎
おだ - Oda
江南 (6.6km)
(3.9km) 田儀
所在地 島根県出雲市多伎町多岐814
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 山陰本線
キロ程 400.1km(京都起点)
電報略号 オタ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
73人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1913年大正2年)11月21日
備考 無人駅
駅舎

小田駅(おだえき)は、島根県出雲市多伎町多岐にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線である。

駅構造[編集]

益田方面に向かって右側に単式ホーム1面1線を有する地上駅停留所)。かつては島式ホーム1面2線であったが、山陰本線高速化工事の際に駅舎側の線路が撤去され、停留所構造となった。かつて構内踏切だったホーム西端の通路から出入りする。

松江駅管理の無人駅であり、駅舎には最初から窓口は設けられていない。ホーム上に乗車駅証明書発行機があったが撤去された。

駅周辺[編集]

利用状況[編集]

1日平均の乗車人員は73人である(2012年度)。2004年度は121人、1994年度は146人、1984年度は137人だった。

近年の1日平均乗車人員は以下の通りである。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1999 131
2000 137
2001 123
2002 120
2003 108
2004 121
2005 97
2006 92
2007 87
2008 80
2009 75
2010 82
2011 84
2012 73

歴史[編集]

その他[編集]

  • この小田駅と次の田儀駅との間は撮影名所として知られ、多くの鉄道雑誌で同区間の列車写真が使用されている。なお、キハ181系の山陰地方引退時に発売された記念オレンジカードの写真もこの区間である。
  • 駅は多伎町多岐地内にあるため、本来は多岐駅としたかったようだが、隣の田儀駅と紛らわしいという理由で、多伎町多岐に隣接する小田地区の名をとって小田駅となったと言われている。ただ、この名前も4駅西側の大田市駅と似ており、間違える乗客もいるようである。

隣の駅[編集]

※当駅停車の快速「アクアライナー」(下り1本のみ)は米子駅 - 大田市駅間各駅停車。列車記事も参照。

西日本旅客鉄道
山陰本線
江南駅 - 小田駅 - 田儀駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『JR気動車客車編成表』90年版 ジェー・アール・アール 1990年 ISBN 4-88283-111-2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]