小田喜一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小田 喜一
Kiichi Oda.jpg
1942年6月、蒼龍配属時
生誕 1913年
新潟県
死没 1944年12月10日(認定)
伊豆大島沖
所属組織 日本海軍
軍歴 1931 - 1944
最終階級 海軍少尉
テンプレートを表示

小田 喜一(おだ きいち、1913年 - 1944年12月10日)は、大日本帝国海軍の軍人。最高階級は少尉第二次世界大戦時の戦闘機パイロットで、9機を撃墜した公式記録を持つエース・パイロットである。

太平洋戦争勃発時には蒼龍に配属されており、真珠湾攻撃からセイロン沖海戦を経てミッドウェー海戦に至るまで戦った。その後、日本に帰還し1944年までは予備役であった。1944年4月、現役復帰。マリアナ諸島及びトラック島の飛行隊で任務に当たった。11月伊号第三六五潜水艦に便乗し、日本へ向かった。その途上にあった11月28日、伊号第三六五潜水艦は伊豆大島沖で撃沈され、同艦は12月10日小笠原諸島近海で喪失と認定された。

参考文献[編集]