小栗克裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

小栗 克裕(おぐり かつひろ、1962年12月15日 - )は、山梨県甲府市生まれの作曲家聖徳大学音楽学部、および大学院音楽文化研究科准教授日本作曲家協議会会員。

略歴[編集]

幼少よりピアノを習い、ピアノ作品を中心に作曲も始める。東京芸術大学音楽学部作曲科卒業。1988年、同大学院音楽研究科作曲専攻修了。

日本交響楽振興財団作曲賞、日本財団賞、文化庁舞台芸術創作奨励賞、IMC国際作曲家会議、第4回ヒナステラ国際作曲コンクール2000グランプリなど受賞歴多数。

管弦楽作品、合唱作品を中心に作曲活動を行なう。ピアノ作品は2004年2005年2007年2011年2014年のPTNA(ピティナ)ピアノコンペティションの課題曲として採用されている。

また 2004年、日本語による日本初のオペラと言われる宣教師ドン・チマッティ作曲「細川ガラシア」1940年版の復刻版の補筆、およびオーケストレーションを行い、東京オペラシティコンサートホールにて公演。

キリスト教に関係するミサ曲グレゴリオ聖歌をモチーフとした作品、またギリシャ神話を題材とした作品が多い。

合唱曲、ピアノ曲を中心に音楽之友社カワイ出版などから楽譜出版、また「ほたるは星になった」 小栗克裕 混声合唱作品集 (邦人合唱曲選集) がジョヴァンニ・レコードよりCD発売されている。

主要作品[編集]

管弦楽作品[編集]

  • ヴァイオリン協奏曲 (1982)
  • 交響的幻想曲「ボレアス」 (1984)
  • 交響的幻想曲「アイオロス」 (1985)
  • 交響的幻想曲「ゼピュロス」 (1986)
  • 交響的幻想曲「ノトス」 (1987)
  • ピアノ協奏曲 (1988)
  • チェロと室内オーケストラによる「コンチェルティーノ」 (1995)
  • 管弦楽のための「ディストラクション(Destruction)」 (1996)
  • ヴィオラ協奏曲 (1996)
  • 「アンティエンヌ」交響曲 (1999)

室内楽、ピアノ、歌曲作品[編集]

  • 弦楽四重奏曲第2番「レスポンソリウム」 (1999)
  • ヴァイオリンとピアノのための「詩曲」(2000)
  • 6本のフルートのための「Quasi ASTOR」 (2000)
  • ピアノのための組曲「水の彩る風景」第1集 (2003)
  • ピアノ連弾のための「3つのメロディー」 (2003)
  • 連作歌曲「ためいき」 (2003)
  • "Automne" pour clarinette et piano (2005)
  • 「エレジー」(鍵盤ハーモニカのための)(2006)
  • 歌曲「報告」 (2008)
  • 「耀(かがよひ)」~源氏物語に寄せる音絵巻~(小鼓&2人の打楽器奏者のための) (2008)
  • ”Movement 2012“ for Clarinet & Piano (2012)
  • ピアノのための組曲「水の彩る風景」第2集〜海に寄せて〜 (2012)

合唱作品[編集]

  • 混声合唱とピアノによるファンタジー「時の間に」 (1981)
  • 混声合唱とピアノによるファンタジー「夜深くして歌へる我嘆きの歌」 (1984)
  • 無伴奏混声合唱組曲「碧の地平」 (1994)
  • 混声合唱とピアノのための「Lacrimosa」 (1994)
  • 女声合唱組曲「ほたるは星になった」 (1995)
  • 無伴奏混声合唱のための「Libera me」 (2005)
  • 無伴奏女声合唱のための「Missa brevis」 (2006)
  • 混声合唱とピアノのための「Dies irae」 (2009)
  • 混声合唱組曲「ほたるは星になった」(2011)
  • 混声合唱組曲「夕映えのなかで」(2011)

外部リンク[編集]