小林流 (空手道)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

小林流(しょうりんりゅう)は、空手流派のひとつ。開祖は知花朝信首里手の流れをくむ。同音の少林流松林流と区別するため、コバヤシリュウと呼ばれることもある。

概要[編集]

小林流は糸洲安恒の弟子であった知花朝信が1933年(昭和8年)に命名した流派で、沖縄空手道三大流派(剛柔流上地流、小林流)のひとつである。知花は1948年に沖縄小林流空手道協会を結成した。

小林流は一般には糸洲系統の型を継いでいるが、知花は多和田真睦(通称メーガントウ)にも師事しているので、多和田(松村)のパッサイ(小林流・パッサイ大とも)や多和田のサイなどの型も継承している。また、知花の弟子達の中には知花以外の空手家に師事した者も多数いるので、現在の小林流では会派・道場ごとに様々な型が伝承されている。

小林流は知花朝信の死後いくつかの会派に別れた。沖縄空手道小林流小林館協会小林流究道館沖縄空手道小林流武徳館礼邦館沖縄小林流空手振興会沖縄空手道小林流妙武館協会がある。多くの会派では日本本土より、海外に数多くの支部道場をもつ。

参考文献[編集]

  • 村上勝美『空手道と琉球古武道』成美堂出版 昭和51年

関連項目[編集]