小林永濯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

小林 永濯(こばやし えいたく、天保14年3月23日1843年4月22日〉 - 明治23年〈1890年5月27日)とは、江戸時代から明治時代にかけての浮世絵師日本画家

来歴[編集]

狩野永悳(えいとく)の門人。名は徳直。俗称は秀次郎。「鮮斎永濯」と号し、他に永躍、永瑞、霞堂、永洲、夢魚、梅花堂と号す。日本橋新場の魚問屋、三浦屋吉三郎の子として生まれた。生まれつき病弱で潔癖性なため、魚に触れたがらず独り絵筆に親しんだという。安政2年(1855年)13歳の時、中橋狩野家の狩野永悳に就いて狩野派の絵を学び、認められて徳宣の名と、永濯または永瑞の号を与えられる。18歳の時、近江国(現・滋賀県)彦根藩井伊家お抱え絵師石井永珉の養子となる話がきたが、桜田門外の変により中止になってしまう。次いで一時期は同門で、姫路藩の御用絵師でもあった狩野永洲の養子となっている。元治元年(1864年)官を退き、日本橋通町に画室を構える。この頃、百鬼夜行錦絵版下を描いたため、狩野派の中で問題となり、明治3年(1870年)頃から浮世絵に転向する。このとき永濯は河鍋暁斎と親交があり、暁斎が永濯をかばって面倒を見たといわれる。飯島虚心によると、永濯は暁斎の数少ない友人の一人で、常に画法を論じ合っていたという。他にも永濯は礼節を重んじる温和な性格の故か、当時多くの画家と交流があったとされる。

明治4年(1871年)に杉並区堀の内妙法寺に寄進した絵馬加藤清正武将図」は、5枚つなぎの板に極彩色で金箔を引いた大作である。これは清正が座って兜を置いて鎧を着る所を描いたものであり、右手には開いた扇を持っている。明治5年(1872年)には月岡芳年とともに甲府へ旅行をしている。明治7年(1874年)『耶蘇一代弁妄記』の挿絵を初めとして、同年『義烈回天百首』、翌8年『近代報国百人一首』など挿絵の制作が活発化している事から、絵師としての地位も確立されたことが推定できる。明治9年(1876年)、永濯が両国中村楼で書画会を開いた際の新聞記事には、「浮世絵では東京一の大先生の会だけに賑やか」だったと記されている。続けて西南戦争錦絵、新聞の挿絵、『鮮斎永濯画譜』、『永濯漫画』、『万物雛形画譜』、『近世紀聞』、『明治太平記』などの絵本の他、狂画、肉筆画を手がけた。明治10年(1877年)の第一回内国勧業博覧会に「天照大神、素戔嗚尊、問答」と「神武天皇命鳥ノ図」を出品し花紋賞を受賞、更に明治18年(1885年鑑画会第一回大会に「僧祐天夢に不動を見る図」で一等賞を受賞する。また、明治20年(1887年)には、新吉原灯籠の会において、月岡芳年と一緒に灯籠歴史画を描いている。1889年(明治22年)に創刊された日本初のグラフィック雑誌風俗画報において、健筆をふるっていた。

永濯の絵は狩野派で修行しただけあって、正統的な技量の持ち主である。しかし永濯は狩野派の粉本主義に飽きたらず、画の筆意を会得し、西洋の写実を取り入れ、写真を利用するなど新鮮味を出すことを心がけた。和漢と西洋の技法が一体となった永濯の作品は、丁寧で上品な気分が漂う。明治23年持病の肺病により没す。享年48。墓所は、世田谷区松原の正法寺。法名・大行院徳宣釈永秀居士。

門人に養子となった小林永興の他、富岡永洗村田永耀らがいる。明治35年(1902年)、永濯十三回忌に亀戸天神境内に「鮮斎永濯碑銘」が建てられた。永濯の作品は在日欧米人から評価が高く、永濯の作品は現在確認されている以外にも、海外に多数存在すると言われている。

作品[編集]

錦絵[編集]

  • 「各種新聞図解」
  • 「小学入門教授図解」
  • 「鹿児島紀聞之内」

肉筆浮世絵[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 描き方に西洋絵画の手法が窺えることから、フェノロサの影響を受けた鑑画会時代の作品とする意見もあるが、永濯は明治10年前後には西洋画法に通じて本作を描けるだけの技量を有していた。更に、落款の書体も明治10年頃の特徴をもち、明治7年に描かれた「黄石公張良図」とも落款の書体が一致し、描法にも共通点が多いことから、明治10年前後に描かれた可能性が高い(古田亮 「小林永濯 菅原道真天拝山祈祷図」『國華』第1370号 第115編第5冊、2009年12月)。

参考文献[編集]

関連項目[編集]