小林正観

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

小林 正観(こばやし せいかん、1948年11月9日- 2011年10月12日)は、日本の著述作家

人物・来歴[編集]

東京都深川出身。中央大学法学部卒。心理学博士、教育学博士、社会学博士(これらの博士号についてはどこの大学が発行したものか不明[1]。)心学研究家。コンセプター(基本概念提案者)。デザイナー(SKPブランドオーナー)。歌手。2008年には、作詞家「星(ほし)間(あいだ)」としてデビュー。

学生時代から人間の潜在能力やESP現象、超常現象に興味を持ち、心学などの研究を行っていた。講演は、年に約300回の依頼があり、全国を回る生活を続けていた。

著書に『「そ・わ・か」の法則』『喜ばれる』など、ベストセラー作品が多数。

著書[編集]

弘園社
  • 『22世紀への伝言』
  • 『幸せの宇宙構造』
  • 『で、何が問題なんですか』
宝来社
  • 『究極の損得勘定』
  • 『心がなごむ秘密の話』
風雲社
  • 『釈迦の教えは「感謝」だった』
  • 『宇宙方程式の研究』
致知出版社
  • 『宇宙を味方にする方程式』
  • 『宇宙を貫く幸せの法則』
講談社
  • 『この世の悩みがゼロになる』
  • 『楽しく上手にお金とつきあう』
  • 『楽しい人生を生きる宇宙法則』
サンマーク出版
  • 『「そ・わ・か」の法則』
五月書房
  • 『神さまに好かれる話』
  • 『運命好転十二条』
中経出版
  • 『100%幸せな1%の人々』
  • 『啼かなくていいホトトギス』
イースト・プレス
  • 『こころを軽くする言葉』
  • 『脱力のすすめ』
ダイヤモンド社
  • 『もうひとつの幸せ論』
マキノ出版
  • 『幸も不幸もないんですよ』
大和書房
  • 『ごえんの法則』

オーディオブック[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 講演会の中で、アメリカの大学が自著を読んで博士号を送ってきたと語っていることによる

外部リンク[編集]