小林敦 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小林 敦
千葉ロッテマリーンズ #41
2011marines kobaatsu.jpg
小林敦(2011年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県島田市
生年月日 1986年2月24日(28歳)
身長
体重
178 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 ドラフト3位
初出場 NPB / 2011年6月8日
年俸 1,000万円(2014年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)


小林 敦(こばやし あつし、1986年2月24日 - )は、千葉ロッテマリーンズに所属するプロ野球選手投手)。静岡県島田市出身。

来歴・人物[編集]

東海大翔洋中学校時代は2年次に三塁手として第16回全日本少年軟式野球大会でベスト8。3年次からエース投手となる。その後東海大相模高に進学。2年秋からエースとして活躍し、3年夏は県大会ベスト4で敗退。甲子園の出場は叶わなかった。東海大学進学後は3年秋の4勝を挙げるも、4年時は不振だったこともありプロからの指名は無かった。

大学卒業後は七十七銀行に入行。1年目から日本選手権東京スポニチ大会などで全国経験を果たす。第81回都市対抗野球東北2次予選では、第2代表決定戦の対TDK戦で3安打7奪三振無四球完封で敢闘賞を受賞した。なお、野球以外の業務としては同行の県庁支店で窓口業務を勤めていた。

2010年10月28日、プロ野球ドラフト会議にて千葉ロッテマリーンズから3位指名を受けた[1]。背番号は、同年オフにFAで退団した小林宏之が付けていた41番を同姓繋がりで引き継いだ。2010年11月、広州アジア大会日本代表に選ばれ銅メダルを獲得した。

2011年、その年のマリーンズのルーキー投手では唯一、春季キャンプ一軍スタートとなった。

2012年、一軍に昇格する事はなかった。二軍の試合に主に先発として登板し、5月までに5勝をあげるピッチングをした。 5月31日に打者6人に4四球と乱調し、1回0/3で降板。この日が2012年最後の登板となった。 8月15日、右肩関節の腱板修復手術を受けた[2]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2011 ロッテ 9 6 0 0 0 1 5 0 0 .167 160 35.2 42 5 10 0 0 22 2 0 25 23 5.80 1.46
通算:1年 9 6 0 0 0 1 5 0 0 .167 160 35.2 42 5 10 0 0 22 2 0 25 23 5.80 1.46
  • 2011年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 41 (2011年 - )

登場曲[編集]

  • 「Lifestyles Of The Rich And Famous」Good Charlotte(2011年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 千葉ロッテマリーンズ オフィシャルサイト
  2. ^ 小林投手の手術について」 千葉ロッテマリーンズ公式サイト(2012年8月15日)、2012年11月26日閲覧。

関連項目[編集]