小ドゥイムン島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小ドゥイムン島
Position of Lítla Dímun on Faroe map.png
基本情報
面積 0.82 km²
人口 0人(2007年)
位置 61°38′N, 6°42′W
小ドゥイムン島

小ドゥイムン島(Lítla Dímun)は、フェロー諸島を主に構成する18の島のうち最小の島。スヴロイ島大ドゥイムン島の間に位置する。面積は1 km²以下であり諸島唯一の無人島である。島は周辺に位置するHvalbaやSandvíkの村から見ることができる。

概略[編集]

南側の3分の1に当たる場所は急な崖であり、残りの部分は標高414メートルのSlættirnir山が占めている。島に人は住んでおらず、野生のヒツジと海鳥が生息するのみとなっている。陸上に上がるのは難しく、出来ても完璧な天候に恵まれたときのみである。崖はロープで登ることが可能。

島は13世紀の文学作品、Færeyinga Saga(Saga of the Faroese、フェローの伝説)中に戦場として登場。

外部リンク[編集]