寿司桶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

寿司桶(すしおけ)は、寿司を盛り付けるのに用いられる、寿司出前の時などに使用される。また、寿司屋や家庭で酢飯を調理する際に用いる桶も寿司桶と言い、飯台(はんだい)または飯切(はんぎり)半切とも書く。また、調理のほかちらし寿司などを盛り付けて供することもある。

提供する料理に使う寿司桶[編集]

寿司桶に盛り付けられた握りずし
寿司桶に盛り付けられたちらし寿司
  • 出前などに用いられる寿司桶は、以前は漆器だったが、最近は軽くて安価な樹脂製のものが多い。
  • 平べったくて、高さの低いものが使われる。円筒形のため寿司を入れたまま積み上げることが可能な上軽く、陶磁器の皿に比べ、効率的な輸送が可能となっている。
  • 通常、食後の寿司桶は玄関などに置いておくと、出前元の店が回収に来る。

酢飯を作り、入れ置くための寿司桶[編集]

飯切
  • 飯櫃、普通木製で周りを箍(たが)と呼ばれる金属の幅細い板が2本、横方向に押さえている。
  • 最近では樹脂製のものもあるが、本来の目的は木が酢飯の水分を吸ったり水分を放出したりコントロールする為に使用されるわけであり、本来の物ではなく味にこだわる職人はほとんどの場合は使用しない。
  • 木が水を吸っているので、しっかり乾燥させないとカビが生える可能性がある。
  • 洗浄時に洗剤を使用する場合は、水に十分につけておいてから洗わないとと、木が洗剤を吸い込んでしまう。
  • 作り上げた酢飯を入れ置くためには、桶と同じ作りの木のふた・布巾を使用する。