対数周期アンテナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
LPアンテナ 2008年撮影
250–2400 MHzの対数周期アンテナ

対数周期アンテナ(たいすうしゅうきアンテナ、英語版 Log-periodic antenna) は、アンテナの一種である。ログペリオディックアンテナログペリLPLPDA(Log-Periodic Dipole Array)とも呼ばれる。使用可能な周波数帯域が広く、鋭い指向性があり、多数のエレメントを持つアンテナである。インピーダンス放射の特性は励起周波数の対数関数として規則的に繰り返す。併し、このアンテナの広帯域性は、対数周期形状自身によって生ずるのではなく[1]自己補対アンテナの定インピーダンス性[2]に基づいて誘導されたものである。対数周期アンテナは、自己補対アンテナに変形近似をほどこした、変形近似自己補対アンテナの一種である。

八木・宇田アンテナと似た構造ではあるが、原理は全く異なっており、隣り合うエレメント同士を逆位相に給電する。これは交差給電[3]と呼ばれており、自己補対アンテナの折りたたみ変形[4]による必然的な結果として得られるものである。隣り合うエレメントの長さと間隔は対数関数的に増加している。

出典[編集]

  1. ^ [1]“対数周期構造はアンテナに広帯域性を付与しない”, 電子情報通信学会誌, 82巻, 5号, pp. 510-511, 1999年, 5月.
  2. ^ 虫明康人, “定インピーダンス・アンテナ,” 電子情報通信学会誌, 48巻, 4号. pp. 580-584, 1965年, 4月.
  3. ^ [2] 交差給電
  4. ^ [3] 折りたたみ変形

関連項目[編集]