寺田治郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
従二位勲一等
 寺田治郎

任期
1980年3月22日 – 1982年10月1日
任命者 第2次大平内閣

任期
1982年10月1日 – 1985年11月3日
指名者 鈴木善幸内閣
前任者 服部高顯
後任者 矢口洪一

出生 1915年11月4日
愛知県
死亡 2002年3月17日(満86歳没)
母校 東京帝国大学法学部

寺田 治郎(てらだ じろう、1915年11月4日 - 2002年3月17日)は、日本裁判官。第10代最高裁判所長官(在任1982年 - 1984年)。

略歴[編集]

愛知県出身。1938年東京帝国大学法学部卒業。後に大日本帝国陸軍召集され法務大尉として終戦を迎えた。大津地方裁判所所長、東京高等裁判所長官などを歴任し1980年最高裁判所判事、1982年10月1日最高裁判所長官。1985年11月4日定年退官。1987年勲一等旭日大綬章受章。2002年、急性心不全のため86歳で死去。息子の寺田逸郎も裁判官となり最高裁判所判事を経て、2014年(平成26年)4月1日、第18代最高裁長官に就任している。

最高裁判所での担当訴訟[編集]

司法職
先代:
服部高顯
日本の旗 最高裁判所長官
第10代:1982 - 1985
次代:
矢口洪一