寺沢徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

寺沢 徹(てらさわ とおる、1935年1月4日 - )は、富山県生まれの元マラソン選手で、元マラソン世界最高記録保持者。

略歴[編集]

多くの主要マラソンに優勝し、昭和37年(1962年)の国際朝日マラソンに日本最高記録(2時間16分18.4秒)、翌38年(1963年)の別府大分毎日マラソンでは、アベベ・ビキラの世界最高記録を上回る2時間15分15秒8で優勝した。

1964年東京オリンピックには、円谷幸吉(3位)、君原健二(8位)と共に出場した。最も持ちタイムがよかったが、15位と失意の結果に終った。一時は現役引退も考えたが、その年の国際朝日マラソンで2時間14分48.2秒の日本最高記録で優勝。その後も日本のトップ選手として活躍した。

ベルリンオリンピック10000m、5000m4位入賞の村社講平の弟子としても知られている。

現役時代 マラソン成績[編集]

  • 1,  2:34:24   3位 60.04.-- 福井
  • 2,  2:27:14   3位 61.03.12 別府
  • 3,  2:44:26   8位 61.06.25 毎日(大阪)
  • 4,  2:24:32   6位 61.12.03 朝日(福岡)
  • 5,  2:27:05   5位 62.02.11 別府
  • 6,  2:31:54   3位 62.05.13 毎日(大津)
  • 7,  2:19:14   2位 62.10.20 オークランド
  • 8,  2:16:18.4  優勝 62.12.02 朝日 (日本最高記録)
  • 9,  2:20:25   優勝 63.01.15 愛媛(松山)
  • 10, 2:15:15.8  優勝 63.02.17 別府 (日本最高記録、世界最高記録)
  • 11, 2:24:29   5位 63.05.12 毎日(東京)
  • 12, 2:17:48.6  優勝 64.02.02 別府
  • 13, 2:19:43.0  3位 64.04.12 毎日(東京)
  • 14, 2:20:35   3位 64.08.23 タイムス(札幌)
  • 15, 2:23:09.0  15位 64.10.21 東京オリンピック
  • 16, 2:14:48.2  優勝 64.12.06 朝日 (日本最高記録)
  • 17, 2:14:38   優勝 65.02.07 別府 (日本最高記録)
  • 18, 2:13:41   2位 65.06.12 ウィンザー)
  • 19, 2:25:07   12位 65.10.10 朝日
  • 20, 2:21:15      66.01.15 愛媛 (オープン参加のため順位なし、2位相当)
  • 21, 2:14:35   優勝 66.02.13 別府
  • 22, 2:17:46   3位 66.04.19 ボストン
  • 23, 途中棄権       66.08.23 タイムス(札幌)  
  • 24, 2:19:35.0  2位 66.10.30 ソウル
  • 25, 2:15:51.2  5位 66.11.27 国際(福岡)
  • 26, 2:17:48.2  6位 67.02.05 別府
  • 27, 2:21:17   8位 67.04.19 ボストン
  • 28, 2:17:00   11位 67.12.03 国際(福岡)
  • 29, 2:17:23   10位 68.12.08 国際(福岡)
  • 30, 2:20:39.6  8位 69.02.02 別府
  • 31, 2:21:02.2  優勝 69.03.23 信毎(長野)