寺つつき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥山石燕今昔画図続百鬼』より「寺つつき」

寺つつき(てらつつき)は、鳥山石燕の妖怪画集『今昔画図続百鬼』にある妖怪で、啄木鳥のような怪鳥。

四天王寺法隆寺に現れ、嘴で寺中をつついて破壊しようとしていると言われる。

古来よりの神々を信仰していた物部守屋が、聖徳太子蘇我馬子に討伐された後、寺つつきという怨霊になって、仏法に障りを成すため、太子の建立した寺を破壊しようとしているのだとされる。

鎌倉時代の軍事物語「源平盛衰記」によると、聖徳太子はになって寺つつきに対抗したところ、寺つつきは二度と現れなくなったという。

寺つつきの正体は、アカゲラだと言われている。

参考文献[編集]