寧西線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
寧西線
路線総延長 南京駅 - 西安駅:1,075.69 km
軌間 1,435 mm
電圧 25kv(合肥-永寧鎮間及び南陽-新豊鎮間)(交流
寧西線
各種表記
繁体字 寧西鐵路
簡体字 宁西铁路
拼音 Níngxī Tiělù
発音: ニンシー ティエルー
英文 Nanjing–Xi'an Railway
テンプレートを表示

寧西線(ねいせいせん、中文表記宁西铁路英文表記Nanjing–Xi'an Railway)とは、江蘇省南京市南京駅陝西省西安市新豊鎮駅を結ぶ、全長1075.69kmの鉄道路線である。

寧西のは南京の古名である江から、西西安の西からとられている。

概要[編集]

寧西線は中国国鉄の主要幹線である「八縦八横」の一つであり、南京と西安を直結する路線として計画された。東の起点は江蘇省南京市で、途中安徽省合肥市六安市河南省信陽市南陽市湖北省随州市を通過した後、秦嶺山脈を越えて陝西省に入る。陝西省に入った後、商洛市渭南市を通り、西安市新豊鎮駅隴海線と合流する。寧西線の終点は新豊鎮駅であるが、全ての列車が隴海線に乗り入れて、西安駅まで直通運転を行う。

寧西線の工事は、まず新豊鎮~合肥間(全長967.6km)から始められ、2000年5月28日に建設が開始され、2004年1月7日に正式に開通した。第二期工程は合肥~南京間で、2005年7月21日に建設が開始され、2008年4月18日に開通した。その後、2009年4月18日からは新豊鎮~合肥間で複線化工事が開始された。

寧西線は江蘇省内を約26km、安徽省内を約240km、湖北省内を約18km、河南省内を約531km、陝西省内を約155km通過する。そのうち南京駅~葉集駅間は上海鉄路局祖師廟駅小林駅間は武漢鉄路局月亮店駅富水駅間は鄭州鉄路局商南駅新豊鎮駅間は西安鉄路局の管轄となる。

接続路線[編集]

関連項目[編集]