寒立馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
寒立馬

寒立馬(かんだちめ)は、青森県下北郡東通村尻屋崎周辺に放牧されている。厳しい冬にも耐えられるたくましい体格の馬である。放牧されており、観光道路を歩いていることもよくある。寒気と粗食に耐え持久力に富む農用馬として重用されてきたが1995年(平成7年)には9頭まで激減した。しかしその後の保護政策により40頭ほどに回復した。寒立馬及びその生息地は青森県の天然記念物に指定されている。

かつては「野放馬」と呼ばれたが、昭和45年(1970年)に尻屋小中学校の岩佐勉校長が年頭の書き初め会で、「東雲に勇みいななく寒立馬 筑紫が原の嵐ものかは」と詠んで以来、「寒立馬」と呼ぶようになった。

尻屋崎周辺は冬期閉鎖され、アタカと呼ばれる放牧地で冬を過ごす。

アクセス[編集]

  • むつ市中心部より青森県道6号がある。
  • 下北バス尻屋線で約45分
  • 下北駅からむつバスターミナル(約50分)で尻屋線に乗り換え、約1時間半
  • 青森駅からむつバスターミナル(約2時間半)で尻屋線に乗り換え、約3時間

関連項目[編集]

外部リンク[編集]