富山英明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 レスリング・フリースタイル
オリンピック
1984 ロサンゼルス 57kg級
レスリング世界選手権
1978 メキシコシティ 57kg級
1979 サンディエゴ 57kg級
1981 スコピエ 57kg級
1982 エドモントン 57kg級
1983 キエフ 57kg級
アジア大会
1978 バンコク 57kg級
1982 ニューデリー 57kg級

富山 英明(とみやま ひであき、1957年11月16日 - )は、茨城県茨城町出身の元レスリング選手で現在は日本大学レスリング部ヘッドコーチ。日本レスリング協会強化委員長。1984年ロサンゼルスオリンピック男子レスリングフリースタイル57kg級金メダリスト。日本大学卒。

ロスオリンピックの年に半生を綴った自伝「夢を喰う」を出版したが、その表紙には金メダルを齧っている自身の写真を使っている。メダリストが記念撮影の際に、メダルを噛むことがよくあるが、この表紙の写真がその始まりだという説がある。

2007年10月に設立された日本総合格闘技協会の理事に就任した。

日本レスリング協会強化委員長を、2008年10月に退任する意向を表明した。

外部リンク[編集]