富山地方鉄道上滝線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
上滝線
路線総延長 12.4 km
軌間 1,067 mm
電圧 1,500 V(直流
停車場・施設・接続路線
KHSTa
電鉄富山駅
STR
本線
HST
稲荷町駅
STR
不二越線
uSTRlg STR
富山市内軌道線
STR
南富山駅前駅
3.3 南富山駅
exABZqr eABZrf
笹津線 1975年廃止
BHF
1.3 朝菜町駅
BHF
2.1 上堀駅
BHF
2.7 小杉駅
AKRZu
北陸自動車道
BHF
3.2 布市駅
BHF
4.4 開発駅
BHF
6.6 月岡駅
BHF
7.9 大庄駅
BHF
10.1 上滝駅
BHF
11.2 大川寺駅
WASSERq WBRÜCKE WASSERq
常願寺川
ABZrg eABZq+l
立山線
STR
立山駅 1936年廃止
HUB61
12.4 岩峅寺駅
STR
↓ 立山線
KHSTe
立山駅

上滝線(かみだきせん)は、富山県富山市南富山駅中新川郡立山町岩峅寺駅を結ぶ富山地方鉄道鉄道路線である。

路線データ[編集]

運行形態[編集]

全列車が電鉄富山駅を発着し、南富山駅までは本線不二越線に乗り入れる。全列車が各駅停車の普通列車である。全て電鉄富山駅 - 岩峅寺駅間の通し列車のみで、途中駅を始発・終着となる区間列車や立山線に乗り入れる列車は無い。なお、電鉄富山駅からは立山線経由の岩峅寺行きも発着しているため、列車の方向幕や駅の行先案内板の備考欄には立山線系統の岩峅寺行きは「寺田経由」、不二越・上滝線系統の岩峅寺行きには「南富山経由」と付加されている。

不二越線とは一体の路線として運用されており、「不二越・上滝線」と呼称される。1991年から大川寺駅(当時は大川寺遊園駅)の横にあった大川寺遊園の名前を取って「大川寺遊園線」の愛称で呼んでいたが、大川寺遊園の閉園に伴い、同園閉園の翌1997年に本来の路線名に戻った。

路線規格(駅ホームや鉄橋)の都合から、20m級車体の16010形は入線できなかったが、2011年12月23日から「アルプスエキスプレス」で同形が入線するようになった。

歴史[編集]

現在の上滝線の区間は、現在の立山線岩峅寺駅 - 千垣駅間とともに富山県営鉄道の手によって開業したものである。1921年4月25日に南富山駅 - 上滝駅間が開業したのに始まり、同年8月20日に岩峅寺駅まで、以後順次千垣駅まで延長された。1943年の交通大統合により富山地方鉄道に譲渡され、同社の立山線となった。

1969年4月1日、立山線の南富山駅 - 岩峅寺駅間が上滝線として分離され、寺田駅 - 岩峅寺駅間の五百石線が立山線に編入された。それまで電鉄富山駅 - 立山駅間の列車は現在の上滝線を経由していたが、これ以降は寺田経由に変更された。

年表[編集]

  • 1921年(大正10年)4月25日 富山県営鉄道により南富山駅 - 上滝駅間開業[1]
  • 1921年(大正10年)8月20日 上滝駅 - 岩峅寺駅間開業1[2]
  • 1927年(昭和2年)6月10日 全線電化(24.4km・直流600V)[3]
  • 1929年(昭和4年)6月10日 上滝公園下駅開業[4]
  • 1937年(昭和12年)6月20日 全線の架線電圧を1500Vに昇圧。
  • 1943年(昭和18年)1月1日 陸上交通事業調整法により富山地方鉄道が発足。同社の立山線となる。
  • 1958年(昭和33年)4月25日 朝菜町駅開業。
  • 1959年(昭和34年)1月1日 上滝公園下駅を大川寺公園駅に改称。
  • 1967年(昭和42年)10月1日 大川寺公園駅を大川寺遊園駅に改称。
  • 1969年(昭和44年)4月1日 南富山駅 - 岩峅寺駅間を上滝線として分離。
  • 1997年(平成9年)4月1日 大川寺遊園駅を大川寺駅に改称。
  • 2003年(平成15年)3月25日 小杉駅開業。

駅一覧[編集]

  • 全線富山県内に所在
  • 線路(全線単線) … ◇:列車交換可、|:列車交換不可
駅名 駅間キロ 営業キロ 接続路線 線路 所在地
南富山駅 - 0.0 富山地方鉄道:不二越線(全列車、不二越線経由本線電鉄富山方面直通)富山市内軌道線(南富山駅前駅) 富山市
朝菜町駅 1.3 1.3  
上堀駅 0.8 2.1  
小杉駅 0.6 2.7  
布市駅 0.5 3.2  
開発駅 1.2 4.4  
月岡駅 2.2 6.6  
大庄駅 1.3 7.9  
上滝駅 2.2 10.1  
大川寺駅 1.1 11.2  
岩峅寺駅 1.2 12.4 富山地方鉄道:立山線 中新川郡立山町

過去の接続路線[編集]

増便実験[編集]

2005年5月25日から7月24日まで南富山駅 - 月岡駅間で増便実験が行われた。運賃も値下げされた。通常平日上下1日26本(2004年3月改正)運行のところを1日30本運行に増便された。運賃も一律200円にし、南富山駅から市電(富山市内線)に乗り継ぐ場合は市電の区間も含めて300円とした。しかし利用者への周知不足もあって利用増はわずかにとどまった。

2011年9月1日より2012年3月までの予定で二回目の実験増便が行われた。内容は電鉄富山発23時10分発の最終便を毎日設け、南富山駅で市電最終便と接続する。また平日に限り、電鉄富山発15時から20時、岩峅寺駅発15時30分から20時まで30分間隔で運行するというものである[5]。なお、朝ラッシュ時の増発は車両と人員を振り分ける余裕が無いことから見送られた[6]

LRT化[編集]

現在LRT化しての富山市内線との直通運転が、行政主導で検討されている。なお、以前にも市内線との直通が検討されたことがあり、上滝線の架線電圧を600Vに降圧して市電7000形電車での試験運転も行われたが、その結果は、勾配のため7000形では運転不可能 というものであった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1921年4月29日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1921年8月26日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ 『地方鉄道及軌道一覧 : 附・専用鉄道. 昭和10年4月1日現在』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  4. ^ 今尾恵介『日本鉄道旅行地図帳 6号 北信越』新潮社、2008年、p.37
  5. ^ 不二越・上滝線増発社会実験 - 富山市
  6. ^ 不二越・上滝線の増発実験についての市民の声 - 富山市

関連項目[編集]