富士山バスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
富士山バスター
ジャンル 対戦型格闘ゲーム
対応機種 アーケード[AC]
開発元 カネコ
発売元 カネコ
人数 1~2人
稼働時期 1992年
テンプレートを表示

富士山バスター』(フジヤマバスター)は、1992年にカネコより発売された業務用2D対戦格闘ゲーム。欧題は『Shogun Warriors』。

概要[編集]

「欧米人が全力で勘違いした江戸時代」的な世界観を持ち、後に続編的立ち位置の『大江戸ファイト』も製作された。
また、BGMに外国人アーティストを起用したり、英語版のセリフを用意するなど海外市場を意識した作りでもある。


システム[編集]

  • 4ボタン(弱/強パンチ 弱/強キック)+1レバーの操作体系。操作可能キャラクターは8名、ボスキャラクターは4名。
  • コマンド入力はきわめて容易であり、ほぼ全員に飛び道具(波動拳)または回転連続攻撃(竜巻旋風脚)が存在する。コマンドによっては「ニュートラル」の状態までもを含んでいる場合もある。
  • 通常攻撃がレバー入れ・ニュートラル状態の他、しゃがみ時の攻撃もレバーが真下か斜め下かでも変化するなど細かく設定されている。そのため、かっぱ・忍者が可能なスライディングキックもレバーを真下に正確に入れた状態でなければ出すことができない。
  • つかみ技は接近して2つのパンチまたはキックボタンを同時に押す。その後ボタン連打(つかみ技が複数あるキャラは、連打するボタンで技が変わる)。逆につかまれた時に振りほどく時も同様。侍、将軍のような相手をつかんでの打撃攻撃の場合はダメージを与えやすいが、芸者などの投げ技しかない場合は連打が速くないと投げることができない。
  • 途中、3回のボーナスステージがある。画面中央のだるまや招き猫などのターゲットを時間内に破壊するとボーナス得点が入る。
  • 最後のボスキャラクター・五右衛門に勝利するとエンディングとなる。エンディングではなぜか優勝賞品として車が進呈される。

登場キャラクター[編集]

明確なキャラクター名は決まっておらず、ほとんどのキャラクターが職業名や種族名で表示される。

プレイヤーキャラクター[編集]

  • - 外見やセリフや行動が遠山の金さん風なのに、家紋は島津家(丸に十字)。日本刀を持って戦う。
  • 将軍 - どう見ても甲冑姿だが、使う技はロボットじみている。声にエコーが入っていて、両手に日本刀を持って戦う。
  • 芸者 - 本作品の紅一点。生足の超ミニ着物でくるくる回る技(鶴の舞、蝶の舞)を持つ。セリフは京都弁
  • 相撲 - 丁髷を結っていない上に化粧回しに「金」と書いているので、相撲取りというより金太郎に近い。つかみ技が多彩。
  • 歌舞伎 - 連獅子風の外見をしていて、対戦前のアップ画面では角と牙がある鬼っぽい顔をしている。セリフは英語。 
  • さぶ - 火消し。唯一プレイヤーキャラクターでは職業ではなく、固有の名前で呼ばれている。纒を槍状に用いて戦う。
  • かっぱ - 手足が伸びるトリッキーな性能を持つ。本作品の妖怪キャラで唯一のプレイヤーキャラクター。
  • 忍者 - ゲーム中では覆面を付けているが、対戦前のアップ画面では素顔になっている。

ボスキャラクター[編集]

  • - 一番手のボス。片足に鉄球を付けた青鬼。何故かセリフは英語。
  • 天狗 - 二番手のボス。彼も鬼と同様にセリフが英語。
  • 弁慶 - 三番手のボス。武蔵坊弁慶をモチーフにした僧兵。薙刀を持っている。
  • 五右衛門 - 本作品の最終ボス。外見や勝利ポーズは石川五右衛門をモチーフにしているが、素手で戦うキャラクター。

その他[編集]

サイトロン・レーベル「G.S.M.1500シリーズ」で、収録曲がサウンドトラックになって発売された。

関連項目[編集]