寄与危険度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

寄与危険度(きよきけんど)とは疫学における指標の1つであり、暴露群と非暴露群における疾病の頻度の差。暴露群の発生率から非暴露群の発生率を引いたものが寄与危険度となり、暴露効果の強さを示すことが出来る。

疾病と暴露の比較
疾病あり 疾病なし
暴露あり A B A+B
暴露なし C D C+D
A+C B+D T


R = {\cfrac{A}{A+B}}-{\cfrac{C}{C+D}}

R:寄与危険度

関連項目[編集]