容貌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

容貌(ようぼう)とは人の顔立ちのことである。ルックス(looks)と呼ばれることもある。

概要[編集]

類義語に容姿(ようし)があるが、こちらは顔立ちと体つきの双方をさして言う言葉である。また、風貌(ふうぼう)とは顔立ち・体つき・服装・態度などを総合した見た目のことで、顔立ちではなく体つきや服装について主に指す言葉としては姿(すがた)や身なり(みなり)がある。

文化によって好まれる容貌は全く異なる。平安時代の絵画に美人として描かれた人間平成時代の人間が見ると、多くの場合は不細工だと思うであろう。また、同じ時代においても個人によって顔立ちの好みは様々である。現代において自分の顔立ちを気にする人は多く、美容整形を行う人々も少なくない。また、髪型ファッションによっても見た目の容貌は大きく影響される。

このように、一人一人の容貌が異なっていることが、人間の多様性を生み出している。容貌の差異には遺伝的なものもあれば、年齢病気によるものもある。

近年は社会の流動化が進み、一瞬で人間を判断したいという欲求に迫られることが多くなった。

貧困な地域では太っていることは富の象徴とみなされ、決して低く見られることはない。すなわち時代的、社会的、あるいは地域的要因によってどのような容貌が評価されるかが大きく異なる。

容貌に差異を与えるもので、遺伝によるものには次のようなものがある:

また、ある程度選択可能なものには次のようなものがある:

関連項目[編集]