家の鍵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 家の鍵
LE CHIAVI DI CASA
監督 ジャンニ・アメリオ
脚本 ジャンニ・アメリオ
サンドロ・ペトラリア
ステファノ・ルッリ
原作 ジュゼッペ・ポンティッジャ
製作 エルダ・フェッリ
エンツォ・ポルチェッリ
出演者 キム・ロッシ・スチュアート
アンドレア・ロッシ
シャーロット・ランプリング
音楽 フランコ・ピエルサンティ
撮影 ルカ・ビガッツィ
編集 シモーナ・パッジ
配給 ザジフィルムズ
公開 イタリアの旗 2004年9月10日
日本の旗 2006年4月8日
上映時間 111分
製作国 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
ドイツの旗 ドイツ
言語 イタリア語
興行収入 €3,638,843[1]
テンプレートを表示

家の鍵』(Le chiavi di casa: The Keys to the House)は、2004年イタリア映画ジャンニ・アメリオ監督。

第61回ヴェネツィア国際映画祭で三部門を受賞。

原作はジュゼッペ・ポンティッジャの半自伝的小説「明日、生まれ変わる」。 劇中でニコールが読んでる本は原作である。


キャスト[編集]

ストーリー[編集]

新婚のジャンニには、15年前に出産で失った恋人との間に出来た息子のパウロがいた。 恋人を失ったショックから息子を手放し、15年を経てミュンヘンの駅で初めて出会うことになる。 パウロの持つ障害が、実の父親と会うことで良い結果をもたらすとの医師の言葉でベルリンのリハビリ施設に送り届けることになったが、長年の空白により息子との接し方に戸惑ってしまう。

出典[編集]

  1. ^ Le chiavi di casa”. Box office. 2012年10月28日閲覧。

外部リンク[編集]