宮田光次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
宮田光次
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 天正6年(1578年)5月
別名 通称:喜八・喜八郎
主君 羽柴秀吉
氏族 宮田氏

宮田 光次(みやた みつつぐ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将羽柴氏の家臣。

生涯[編集]

羽柴秀吉近江国長浜城主となった頃からの家臣で、大母衣衆に任命された。天正元年(1573年)、秀吉から長浜近辺で250貫の所領を与えられる。秀吉が織田信長の命令で毛利家攻めの中国方面総司令官に任命されると、中国遠征に従軍し、播磨国内で5,000石(異説として7,000石)を与えられた。

天正6年(1578年)5月、織田信長に反逆した別所長治三木城攻めで討ち死にした。

人物・逸話[編集]

  • 羽柴秀吉創業における初期の功臣の1人として数えられており、神子田正治戸田勝隆尾藤知宣と共に4人衆とも羽柴四天王とも称されている。
  • 光次没後の後代の史料ではあるがその中で、「太閤(豊臣秀吉)の臣に宮田喜八(光次)とて武勇第一の人あり」と記されている(老人雑話)。
  • 以下の逸話は光次没後の翌年(天正7年(1579年))のことといわれている(名将言行録)。

秀吉が家臣を集めて酒宴を開いていたとき、「我が家の弓矢の勢(家臣団)、昔と較べて随分盛んになったと思わんか」と質した。多くの家臣は「三倍になりました」「五倍になりました」と述べ、有頂天の秀吉は「いやいや十倍になった」と大笑いした。すると秀吉の参謀だった竹中半兵衛は「弓矢、昔に劣れり」と反論した。秀吉が驚いて問い詰めると、「宮田喜八死して以来甚だ劣れり」と静かに述べた。それを聞いて秀吉もかつての勇者を思い出し、「半兵衛の申すとおりだ」と言って嘆息を漏らしたという

参照文献等[編集]