宮崎光平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
宮崎 光平 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ミヤザキ コウヘイ
ラテン文字 MIYAZAKI Kohei
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1981年2月6日(33歳)
出身地 熊本県山鹿市
身長 164cm
体重 60kg
選手情報
在籍チーム 徳島ヴォルティス
ポジション MF
背番号 18
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999-2001
2002-2007
2008-2011
2012-
サンフレッチェ広島
アビスパ福岡
モンテディオ山形
徳島ヴォルティス
3 (00)
177 (20)
82 (11)
()
1. 国内リーグ戦に限る。2011年1月5日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

宮崎 光平(みやざき こうへい、1981年2月6日 - )は、熊本県山鹿市出身のサッカー選手徳島ヴォルティス所属。ポジションはミッドフィールダー

来歴[編集]

平小城小、山鹿鶴城中、鹿本高普通科 体育コース(2期生)を経て1999年にサンフレッチェ広島に加入。高校3年の選手権県予選では、FW巻誠一郎を擁する大津高校に準決勝で1-0で勝利した。決勝で国府高校に敗れるも準優勝した。国体の熊本県代表としても活躍。 プロ同期入団は、高橋泰池田学徳吉田幸生。広島では出場機会が与えられず、2002年にアビスパ福岡へ移籍。2003年にはチームでただ1人全試合出場を果たすなど、左右こなせるサイドアタッカーとしてチームに貢献したが、2007年シーズン終了後に戦力外通告受け、当時GMであった小林伸二(後の山形監督)とともに2008年シーズンからはモンテディオ山形でプレーしており、開幕からベンチ入りしている。チームがJ1昇格を果たした2009年シーズンは序盤こそ出場機会に恵まれなかったが、シーズン後半からはスタメンとして活躍した。 2012年シーズンより小林監督の後を追うように徳島ヴォルティスに移籍。 主なポジションは右サイドハーフであるが、セカンドトップなどのFWセンターハーフで起用される事もある。

備考[編集]

  • 広島でのJ1デビュー戦は後に所属することになる2001年の福岡戦。ドリブル突破からPKを奪うなどの活躍を見せたが、チームは1-2で敗れた。
  • 2008年シーズンは、第17節から第19節まで連続ゴールを決め、しかもそれが3点目とゲームを決定付けるゴールだった為(しかも第20節の仙台戦も彼のシュートのから3点目が決まった為)、宮崎=3点目というイメージが山形のサポーター内では出来つつあり、実際2009年3月7日のチームJ1デビュー戦のジュビロ磐田戦でも、3点目は宮崎のパスを長谷川悠が決めJ1初ゴールをお膳立てした。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1999 広島 30 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2000 0 0 0 0 0 0 0 0
2001 3 0 2 0 0 0 5 0
2002 福岡 17 J2 27 2 - 3 0 30 2
2003 7 44 8 - 3 3 47 11
2004 35 0 - 2 1 37 1
2005 35 5 - 0 0 35 5
2006 J1 7 1 4 1 1 0 12 2
2007 J2 29 4 - 2 0 31 4
2008 山形 6 38 6 - 2 1 40 7
2009 J1 25 1 5 0 1 0 31 1
2010 6 2 1 0 3 1 10 3
2011 13 2 0 0 1 0 14 2
2012 徳島 18 J2 24 2 - 1 0 25 2
2013 26 3 - 1 0 27 3
2014 J1
通算 日本 J1 54 6 12 1 6 1 72 8
日本 J2 258 30 - 14 5 272 35
総通算 312 36 12 1 20 6 344 43

その他の公式戦

関連項目[編集]