宮岡洋一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

宮岡 洋一(みやおか よういち、1949年 - )は、日本の数学者。専門分野は代数幾何学

経歴[編集]

東京大学理学部卒業後、東京都立大学立教大学京都大学数理解析研究所で教職に就く[1]。2001年より東京大学大学院数理科学研究科教授。

1977年に発表した論文でボゴモロフ・宮岡・ヤウの不等式を証明した(Miyaoka 1977)。

マックス・プランク研究所に在籍していた1988年、フェルマーの最終定理の証明にこぎ着けたと報じられたが、後に不備があることが判明し、完全な証明には至らなかった(Gleick 1988)。

東京都立大学在職中、1989年度の日本数学会春季賞を「Chern 数の間の関係式とその応用」で受賞している。

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 視点・インタビュー - 学研・進学情報2012年6月号(PDFファイル)

外部リンク[編集]