宮城学院女子短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
宮城学院女子短期大学
大学設置/創立 1950年
学校種別 私立
設置者 学校法人宮城学院
本部所在地 宮城県仙台市青葉区桜ヶ丘9-1-1
学部 家政科
 家政専攻
 食物専攻
教養科[1]
保育科
国際文化科
テンプレートを表示

宮城学院女子短期大学(みやぎがくいんじょしたんきだいがく、英語: Miyagi Gakuin Women's Junior College[2])は、宮城県仙台市青葉区桜ヶ丘9-1-1に本部を置いていた日本私立大学である。1950年に設置された。大学の略称は宮学。学生募集は1999年度まで。翌年度より宮城学院女子大学学芸学部への全面改組により短期大学は学生募集を停止し、2001年3月30日をもって正式廃止[3]

概要[編集]

大学全体[編集]

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

教育および研究[編集]

  • 宮城学院女子短期大学に設置されていた学科の一つに家政科がある。食物専攻では栄養士の養成、家政専攻では衣食住に関するカリキュラムを置いていた。ほか、保育者を養成する保育科や、文学・文化に関する専門科目を置いていた教養科、英語や地域研究などのカリキュラムを置いていた国際文化科があった。

学風および特色[編集]

  • 宮城学院女子短期大学は1886年創立の宮城女学校が起源となっており、米国宣教師の協力により設立されたことから、それ以来キリスト教の思想に基づいた教育が行われていた。宮城学院女子大学開学後に設置されたので、併設型の短大として運営されていた

沿革[編集]

  • 短期大学設置以前については宮城学院女子大学を参照。
  • 1950年 宮城学院女子短期大学開学。
    • 家政科
    • 国文科
  • 1955年 保育科を増設。
  • 1964年 国文科を教養科に改組(学生数 国文科121 教養科 女115[4])。
  • 1967年 家政科を専攻分離する(学生数:女350[5])。
    • 家政専攻
    • 食物専攻
  • 1989年 国際文化科を増設(学生数:女127[6])。
  • 1995年 教養科の学生募集を停止(1994年度学生数:女409[7]1995年度学生数:女164([8]
  • 1996年7月31日付けで教養科を正式廃止する[3]
  • 1999年度をもって学生募集を終了(学生数 家政科:女369 保育科:女196 国際文化科:女164[9])。
  • 2001年3月30日をもって正式廃止[3]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 宮城県仙台市青葉区桜ヶ丘9-1-1

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 家政科
    • 家政専攻
    • 食物専攻
  • 教養科[1]
  • 保育科
  • 国際文化科

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

資格
  • 栄養士:家政科食物専攻
  • 保育士:保育科にて設置されていた。大半の学生は取得していた。
教職課程

附属機関[編集]

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

  • 宮城学院女子短期大学で活動していたクラブ活動:大学と混合となっていた。

学園祭[編集]

  • 宮城学院女子短期大学の学園祭は、大学と混合で行われていた。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

歴代学長

出身者[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • 開学当初より、大学と共同使用されていた。

[編集]

  • 宮城学院女子短期大学には大学と同様、「橄欖寮」と呼ばれる学生寮があった。

対外関係[編集]

姉妹校[編集]

系列校[編集]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

  • 宮城学院女子大学への編入学者が多いものとなっていた。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 学生募集は1994年度入学生まで。1996年7月31日付けで正式廃止。
  2. ^ CiNii雑誌-宮城学院女子大学・同短期大学附属幼児教育研究所研究年報-より。2014年4月20日閲覧。
  3. ^ a b c 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』257頁より。
  4. ^ 昭和40年度版『全国学校総覧』(以下『総覧』と略す。)25頁より。
  5. ^ 昭和43年度版『総覧』29頁より。
  6. ^ 1990年度版『総覧』54頁より。
  7. ^ 1995年度版『総覧』60頁より。
  8. ^ 1996年度版『総覧』62頁より。
  9. ^ 2000年度版『総覧』61頁より。
  10. ^ a b c 教員養成課程認定大学短期大学一覧:附属指定教員養成機関一覧 1955年』(文部省大学学術局編)52ページ
  11. ^ 仙台市民図書館に、1969年度あたりの冊子が所蔵されている。