宮入慶之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
宮入慶之助
人物情報
生誕 慶応1年5月15日(1865年6月8日
日本の旗 日本長野県更級郡西寺尾村
死没 1946年4月6日(満80歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学
学問
研究分野 寄生虫学
主な業績 住血吸虫症の感染路の特定
テンプレートを表示

宮入 慶之助(みやいり けいのすけ、慶応1年5月15日1865年6月8日)- 1946年4月6日)は日本の寄生虫学者衛生学者九州帝国大学教授。

経歴[編集]

ミヤイリガイ

慶応1年5月15日 (旧暦)(1865年6月8日)、長野県更級郡西寺尾村(現・長野市松代町西寺尾)に生まれる。1890年東京帝国大学医科大学を卒業。1895年第一高等学校教授。1902年、ドイツのフリードリヒ・レフラー教授の下へ留学する。

帰国後1904年京都帝国大学福岡医科大学(現・九州大学医学部)衛生学の初代教授に就任し、翌年医学博士学位を得る。1912年九州帝国大学医学部衛生学第一講座担任に就任。

1913年鈴木稔とともに日本住血吸虫中間宿主である巻き貝を発見。この貝は宮入の功績を記念してミヤイリガイという。この発見がきっかけとなり、海外でも住血吸虫の感染経路の特定が進んだ。イギリスのブラックロック教授はこの業績を評価し、ノーベル賞候補に推薦するが、実現しなかった[1]

1923年5月、帝国学士院会員となる[2]1925年退官、九州帝国大学名誉教授となり、1928年、正三位勲二等旭日重光章を受勲する[3]

なお、小惑星宮入14902 Miyairi)は、彼に因んで、彼の孫の天文学者村山定男によって命名された[4]

エピソード[編集]

  • 九州大学馬出地区には宮入慶之助の名を冠した「宮入通り」が存在する。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 宮入慶之助先生 - 九州大学医学部「寄生虫学の展開と医の文化」
  2. ^ 『官報』第3226号、大正12年5月4日。
  3. ^ 宮入慶之助の略歴 - 宮入慶之助記念館
  4. ^ JPL Small-Body Database Browser on 14902 Miyairi -NASA

関連項目[編集]

外部リンク[編集]