室内交響曲第1番 (シェーンベルク)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

室内交響曲第1番ホ長調Kammersymphonie Nr.1 E-Dur作品9は、アルノルト・シェーンベルクが作曲した2曲の「室内交響曲」の第1作。

1906年に書かれた。15人の奏者による編成で、管楽器弦楽器の数を倍も上回る。これは当時の常識では考えられないほどに斬新であった。大量の弦楽器が管楽器をカヴァーするのがオーケストレーションと考えられていた常識に、真っ向から対立したのである。全奏では非常に鋭い音色になるのが特徴的であり、フル・オーケストラ版(後述)においても、この特徴は顕著である。ストラヴィンスキーが弦楽器の叙情性を嫌い、管楽器を偏愛することになる20年以上も前の話である。

初演時は非難の嵐であったが、聴衆の中には新しい響きを評価する者も少なからずいて、居合わせたマーラーなどは毅然とした態度で拍手を続け、野次を飛ばす人をたしなめるあまり、喧嘩になりかけたほどであった。もっとも、マーラーは「曲のよさはわからないが、おそらくシェーンベルクが正しいだろう。」とこの帰途に妻アルマに感想を述べている。

初演は1907年ウィーンにて、ウィーン宮廷歌劇場管弦楽団のメンバーと、ロゼー弦楽四重奏団によって行われた。日本初演は1961年8月27日大阪御堂会館にて、森正と現代音楽祭室内管弦楽団による。

演奏時間は約21分。

楽器編成[編集]

オリジナル版(作品9)

フルート(ピッコロもちかえ)、オーボエイングリッシュホルンクラリネット2(D管、A管)、バスクラリネット(A管)、ファゴットコントラファゴットホルン2、第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリン、ヴィオラチェロコントラバス

管弦楽版(作品9b)

フルート3、オーボエ3、クラリネット3、ファゴット3、ホルン4、トランペット2、トロンボーン3、弦五部

編曲[編集]

シェーンベルク自身によって1914年に通常のオーケストラ編成に拡大して編曲され、作品9bが付けられている(1935年改訂)。作品9bの音源は、WEITBLICKレーベルのハインツ・レーグナー指揮の音源により確認することが可能である。また、シェーンベルクによるピアノ連弾版も存在する。1913年から1915年にはアルバン・ベルク2台ピアノ用に編曲し、またアントン・ヴェーベルン1922年にフルート、クラリネット、ヴァイオリン、チェロ、ピアノの五重奏に編曲している。各ヴァージョンごとに既にいくつかの録音が存在する。ウニフェルザル出版社の出版譜としてはそれらとは別に、エドゥアルト・シュトイアーマンによるピアノ独奏用編曲、フェリックス・グライスレによる4手ピアノ用編曲が出されている。

参考文献[編集]

  • 作曲家別名曲解説ライブラリー16 新ウィーン楽派 (音楽之友社

外部リンク[編集]